このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20100104
事例作成日
(Creation date)
2010年06月25日登録日時
(Registration date)
2011年03月21日 02時00分更新日時
(Last update)
2020年09月16日 18時28分
質問
(Question)
原民喜「永遠のみどり」には曲が付いて,歌い継がれていると聞いた。その楽譜はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料に関連の記述があるが,楽譜は不明。
混声合唱曲のために林光が作曲した楽譜は,参考資料4に収録されている。

参考資料1『中国新聞』昭和54年(1979年)8月22日17面「原民喜の詩が曲に 「永遠のみどり」 若いオイ 楽譜づくり」
 「広島が生んだ原爆詩人、原民喜の詩「永遠(とわ)のみどり」に、生前、最も仲の良かった実兄がメロディーをつけ、ひそかに愛唱していた曲が、このほど若いオイの手によって楽譜になった。」

参考資料2『はまゆうの花』【H90/H312ア】
 p.15 「守夫も民喜様が亡くなる時に中国新聞に、永遠のみどり ヒロシマのデルタに若葉うづまけ 死と焔の記憶によき祈りよこもれ とはのみどりを とはのみどりを ヒロシマのデルタに青葉したたれ と言って送った詩を、自分で作曲して時々口ずさんでいた。」

参考資料3『朝日新聞』1994年7月12日夕刊9面「加藤登紀子 被爆者の思い伝われ(立ち話)」
 「八月五日放送予定のNHKスペシャル「永遠の祈り」(略)のテーマ曲「永遠のみどり」を、加藤登紀子が歌う。この曲は、広島で被爆した作家原民喜の遺作の詩に、その兄守夫(故人)が曲をつけ、原一族の間で、現在まで、歌い継がれてきた作品。」

参考資料4『林光/原爆小景(完結版):混声合唱のための』【H76/ハラタ103ア】
 まえがきに作曲者林光による解説があり,「今年2001年に作曲された「永遠のみどり」では、ふたたび調性の世界があらわれる。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽  (760 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『中国新聞』昭和54年(1979年)8月22日17面 (「原民喜の詩が曲に 「永遠のみどり」 若いオイ 楽譜づくり」)
2『はまゆうの花』原守夫/著,原良子/〔編〕,原良子
3『朝日新聞』1994年7月12日夕刊9面 (「加藤登紀子 被爆者の思い伝われ(立ち話)」)
4『林光/原爆小景(完結版):混声合唱のための』原民喜/詩,林光/作曲,全音楽譜出版社,2003
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000082195解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!