このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000242410
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中ー郷土ー119
事例作成日
(Creation date)
2018年9月12日登録日時
(Registration date)
2018年09月12日 14時37分更新日時
(Last update)
2018年12月26日 15時19分
質問
(Question)
西陣絣(にしじんかすり)について知りたい。
回答
(Answer)
現存する絣として最古のものは,7世紀頃に法隆寺に伝わった“太子間道(たいしかんとう)”と呼ばれる縞模様の裂(きれ)といわれています。【資料1】
絣の日本での始まりは諸説ありますが,平安時代以降には,組紐や装束の一部分に絣の技法がみられるようになり,江戸時代には木綿の絣が各地に広まりました。【資料2】【資料3】
京都でも,織田信長拝領と伝わる,祇園祭の芦刈山のご神体の小袖が,経緯絣に通じる“締切(しめきり)”という技法で織られており,桃山時代には本格的な絣の技術があったことがうかがえます。【資料3】

“西陣”は古来,京都で織物が織られて来た地域です。“西陣”の織物として有名な“西陣織”は昭和51年(1976),その11技法12品目が通商産業大臣(現・経済産業大臣)指定の「伝統的工芸品」の認定を受けました。認定を受けた技法・品目の1つに“西陣絣”も数えられます。“西陣絣”が「伝統的工芸品」と認定されるには,“先染めの平織,又は朱子織とすること”“かすり糸は,たて糸,またはたて糸及びよこ糸に使用すること”など,5つの基準をすべて満たすことが必要とされています。【資料4】

絣は糸染めと織りで模様を作る織物ですが,西陣絣の特性は,絹絣で,経絣(たてがすり)という技法が主流であることです。西陣絣では矢羽根,壺垂れ,鳥襷(とりだすき)などの模様が表され,絣加工師が糸を出来上がりの模様に合わせて染め分け,絣織職人が織り上げます。【資料5】【資料6】

西陣には,昭和30年(1955)頃の最盛期には約120軒の西陣絣の加工業者がいましたが,現在では西陣絣加工組合に所属する組合員は7軒となり,後継者不足の問題もでてきました。平成26年(2014)から京都府・京都市などが主体となって行ってきた「若手職人OJT事業」を利用して修行をし,独立した絣職人が育ってきています。【資料6】
回答プロセス
(Answering process)
●“西陣織”“絣”“染織”関連の所蔵資料を調査【資料1~5】
 【資料1】絣の歴史の記述,「太子間道類裂(たいしかんとうるいれき)」の部分写真掲載あり。
 【資料2】“緂の平緒”“能の装束”“熨斗目装束”の関連記述あり。
 【資料3】p75 絣に通じる技術の歴史について記述あり。
       p76 京都の絣織の伝統について記述あり。
 【資料4】p33 “絣織”に5つの基準の記載あり。
       p48~52 西陣織の技術と「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」(伝産法)に関する記述あり。               
 【資料5】西陣絣の工程に関する詳しい記述あり。

●所蔵雑誌『染織情報α』の発行元“染織と生活社”のウェブサイト上でキーワード“西陣織”を検索。【資料6】
 【資料6】西陣絣の概説と絣織の担い手・葛西郁子氏の取材記事あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 9版)
繊維工学  (586 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本の織物』(北村 哲郎/著 源流社 1988)p46~47“絣”, ISBN 4773988061
【資料2】『絣』(山辺 知行/著 芸艸堂 1974)p14~17“Ⅲ日本の絣織の歴史”
【資料3】『織を学ぶ』(京都造形芸術大学/編 角川書店 1999)p75“絣と締切”,p76“熨斗目と絹絣”, ISBN 4046513098
【資料4】『西陣 匠・技の伝承』(西陣伝統工芸士会/編集 西陣伝統工芸士会 2001)p33“絣織”,p48~52“西陣織伝統工芸士会創立20周年にあたって”
【資料5】『西陣の絣 概要と歴史』(中井 幸比古/編,中井 幸三/監修 2018)p27“「織屋」と「絣屋」の分担”
【資料6】『染織情報α 2014年11月号』(染織と生活社 2014)p2~3“西陣絣の技術と伝統の継承をめざす 葛西郁子さんの絣職人修行”
キーワード
(Keywords)
西陣絣
西陣織
伝統的工芸品
伝統工芸
伝統産業
絹絣
絣織
染織
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000242410解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!