このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000017337
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2001-016
事例作成日
(Creation date)
2001/06/21登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時37分更新日時
(Last update)
2009年11月20日 13時57分
質問
(Question)
天明3年(1783)におこった浅間山の噴火について記述がある古文書がないか。深谷、本庄、熊谷近辺のものに限る。「熊谷市史」「深谷市史」は調査済み。
回答
(Answer)
質問の該当地域の関係史料は以下に所収されている。これらを提供する。
『本庄市史 通史編2』から〈本庄宿浅見佐吉手記〉からの抄出あり。
『新編埼玉県史 資料編13』に〈浅間山騒動之事〉所収。
『浅間山天明噴火史料集成 3』に〈天明度砂降記〉〈浅間山燒抜利根川筋泥入聞書集〉〈泥濫觴〉があり。
『同 4』〈砂降ニ付用向扣〉があり。
『同 5』〈武州中瀬河岸村より訴書〉があり。
以上の史料を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
『本庄市史 通史編2』p746〈本庄人の残した噴火の記録〉の項の中に、〈本庄宿浅見佐吉手記〉からの抄出あり。
『新編埼玉県史 通史編4』p588によると、熊谷の〈久保家文書〉に噴火の状況が記されていることがわかる。
同文書の〈浅間山騒動之事〉全文は『新編埼玉県史 資料編13』所収。
ほかに『浅間山天明噴火史料集成 3』p177に本庄宿柳沢某による〈天明度砂降記〉、p181に児玉郡西今井村柴崎某による〈浅間山燒抜利根川筋泥入聞書集〉、深谷宿向伯輔による〈泥濫觴〉、『同 4』p225に幡羅郡小島村名主平兵衛による〈砂降ニ付用向扣〉、『同 5』p247に〈武州中瀬河岸村より訴書〉あり。以上の史料を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
地震学  (453 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『本庄市史 通史編2』(本庄市史編集室 本庄市 1989)
『新編埼玉県史 資料編13(近世4) 治水』(埼玉県 1983)
『浅間山天明噴火史料集成 3、4、5』(萩原進 1989~1995)
キーワード
(Keywords)
浅間山-火山誌
埼玉県-歴史-史料
郷土資料
埼玉県-熊谷市-深谷市-本庄市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例-参考資料-新編埼玉県史-解決
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000017337解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!