このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
水戸市立中央図書館 (2310137)管理番号
(Control number)
水戸中2019-026
事例作成日
(Creation date)
2013年9月29日登録日時
(Registration date)
2018年12月24日 13時15分更新日時
(Last update)
2020年03月05日 11時31分
質問
(Question)
内原町(2002年水戸市に合併)の三湯(ミユ)の由来について
回答
(Answer)
『うちはらの昔語』p65「三湯はミユウ」のタイトルで三湯(三由)の地誌が記載。
街道の近くの岩から」湧く清水の量が多く、質もよく旅人の休憩所のようになっていて、後に湯屋ができた旨記載されている。
『内原町史 民俗編』p297「三湯神社」の項 地名の由来。
『茨城県神社誌』p788「三湯神社」の項p789【由緒沿革】にも地名について『内原町史 民俗編』と同様の記述。

 ネット検索では2020年1月現在も内原鉱泉として旅館があることがわかった。観光サイトなど多数の記事あり。参考として紹介。
 例:「凄腕社長に聴く!茨城ビジネス成功の秘訣」に割烹旅館 湯泉荘(水戸市三湯1105)代表取締役 石川 よう子さんのインタビュー記事
回答プロセス
(Answering process)
内原町三湯についての資料
「三湯」で検索すると『内原町史』『内原の昔語り』『新編常陸国誌』が出てきた。
 『うちはらの昔語り』p65、
 『内原町史 民俗編』p297に関連する記載あり。
  『内原町史 通史編』及び『新編常陸国誌』は地名の由来なし

『内原町史 民俗編』の記述から「三湯神社」についても調べてみた。
 『茨城県神社誌』p788「三湯神社」の項【由緒沿革】
ネット検索すると2020年1月現在も内原鉱泉として旅館があることがわかった。参考として紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
伝説.民話[昔話]  (388)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『うちはらの昔語り』 内原町史編さん委員会 編 , 内原町 (茨城県). 1995. (内原町史資料 ; 第3集)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002446532-00  (当館請求記号M0388ウ)
『 内原町史 民俗編』内原町史編さん委員会 編 , 内原町 (茨城県), 1997.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002626958-00  (当館請求記号M0213ウ)
『茨城県神社誌』茨城県神社誌編纂委員会 編 , 茨城県神社庁, 1973.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001241181-00  (当館請求記号M1175イ)
キーワード
(Keywords)
地名
鉱泉
内原町(茨城県水戸市)--地誌
三湯
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『水戸の町名』は内原町と水戸市が合併する以前に刊行された。よって、三湯についての記載なし。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000249196解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!