このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
高知県立図書館・高知市民図書館本館 (2110040)管理番号
(Control number)
県立K2009-10
事例作成日
(Creation date)
2009年7月31日登録日時
(Registration date)
2009年07月30日 10時07分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 17時55分
質問
(Question)
高知県内に残る武田勝頼の墓やその伝説について知りたい。
回答
(Answer)
※ 高知県立図書館・高知市民図書館合築に伴い、資料に関する情報が現在の情報とは異なる場合があります。 ※

質問を受ける少し以前に、この伝説を活用した地域おこしの記事が地元新聞に掲載されていた記憶があったので、まずは伝説の概略を確認する。
武田勝頼は1582年、山梨県の天目山で自害し甲斐武田氏は滅亡したとされているが、実は自害したのは影武者で勝頼は大崎玄蕃と名を変え土佐に落ち延びたという伝説が旧吾川村(現・仁淀川町)にあることが紹介されており、この情報を参考に資料を探す。
回答プロセス
(Answering process)
1.キーワード<武田勝頼><大崎玄蕃(玄番)>で資料を検索。吾川村に玄蕃を祀った鳴玉神社があり、吾川村および近隣市町村に玄蕃に由来する玄蕃踊りがあることなどが分かる。また旧土佐山田町(現・香美市)にも勝頼の墓といわれるものがあるらしい。
2.『土佐山田町史』や土佐山田町の地域史を確認。勝頼が城主山田氏を頼って逃れてきたものの、後に討たれ大法寺に葬られたという話がある。
3.高知の民俗芸能関係の資料で玄蕃踊りについて調べる。『土佐の芸能』に伝説・祭りの謂われについて諸説紹介されている。
4.土佐の伝説に関する資料を確認。『皆山集6』 『土佐の伝説2』 『土佐伝説全集』などに記載が見つかる。(吾川村説、土佐山田説あり)

吾川村の地域おこしについては地元の「武田勝頼の会」がホームページを開設しているので、参考として紹介する。
http://katsuyoritosa.web.fc2.com/ (2009年7月確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『高知県社寺文化財総合調査報告書 論考篇』 高知県地域文化遺産共同調査・活用事業プロジェクト/編 高知県教育委員会 2004
『土佐の芸能 高知県の民俗芸能』 高木啓夫/著 高知市文化振興事業団 1986
『高吾北文化史 2巻』 明神健太郎/編著 佐川町誌編纂会 1963
『土佐のごりやくさん』 市原麟一郎/著 高知新聞社 1994
『土佐山田町史』 土佐山田町史編纂委員会/編集 土佐山田町教育委員会 1979
『土佐山田風土記』 橋詰延寿/著 高知県立山田高等学校生徒会 1966
『秦史談 60号』 秦史談会 1994
『皆山集 第6巻』 高知県立図書館 1973
『土佐の伝説 2巻』 桂井和雄/著 1954
『土佐伝説全集』 松山 秀美/〔著〕 寺石 正路/〔著〕 新自由社  1948
キーワード
(Keywords)
武田勝頼
落人伝説
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000056744解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!