このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H28-043
事例作成日
(Creation date)
2015年10月17日登録日時
(Registration date)
2016年12月04日 15時50分更新日時
(Last update)
2016年12月04日 16時36分
質問
(Question)
戦前の海底線に関わる書類・報告書類の所蔵の有無について知りたい。
回答
(Answer)
資料①、②を提供した。
また、アジア歴史資料センター、防衛研究所に一次資料があるかもしれない旨を伝えた。
回答プロセス
(Answering process)
神奈川県内公共図書館横断検索システム( http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/opac/CrossServlet 2015/10/17 最終確認)でキーワード“国際通信”で検索した結果、次の資料がヒットした。
『国際通信の日本史』 石原藤夫/著 東海大学出版会 1999 (神奈川県立図書館請求記号:694.21)

神奈川県内公共図書館横断検索システム( http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/opac/CrossServlet 2015/10/17 最終確認)でキーワード“海底ケーブル”で検索した結果、次の資料がヒットした。
『情報覇権と帝国日本』 有山輝雄/著 吉川弘文館 2013 (横浜市立図書館請求記号:694.21)

検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2015/10/17 最終確認)でキーワード“戦前 海底ケーブル”で検索した結果、個人のブログではあるが次のページがヒットした。
海底電線と通信自主権の確立( http://www.tanken.com/kaitei.html 2015/10/17 最終確認)
戦前・戦中の海底ケーブルをめぐる様相が分かる。

検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2015/10/17 最終確認)でキーワード“逓信”で検索した結果、次のページがヒットした。
郵政博物館( http://www.postalmuseum.jp/about/ 2015/10/17 最終確認)


国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/ 2015/10/17 最終確認)でキーワード“海底”で検索した結果、当時の官報が多数ヒットした。


利用者によると「1930年代から1940年代の資料は当時の軍部が持っていたのでは」とのことで、防衛研究所史料閲覧室の情報を確認した。
防衛省防衛研究所史料閲覧室( http://www.nids.go.jp/military_archives/ 2015/10/17 最終確認)
目録( http://www.nids.go.jp/military_archives/catalog.html 2015/10/17 最終確認)をインターネット上で確認できる。
問い合わせたところ、保管している資料の閲覧は可能とのことだった。
また、国立公文書館アジア歴史資料センター( http://www.jacar.go.jp/ 2015/10/17 最終確認)のホームページで、防衛省防衛研究所の一部史料を検索できる。


郷土資料の棚をブラウジングし、次の資料を見つけた。
①『相模湾物語』 朝日新聞社横浜支局/編 仙石出版社 1971 (自館請求記号:K0-45)
p168の「海底ケーブル」の項に、日本海ケーブル、太平洋横断ケーブルに関する説明がある。

海洋学に関する棚をブラウジングし、次の資料を見つけた。
②『深海と地球の事典』 深海と地球の事典編集委員会/編 丸善出版 2014 (自館請求記号:R452)
p166-171の「海底ケーブルネットワーク」の項に、その周辺技術の説明がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電気通信事業  (694)
参考資料
(Reference materials)
『相模湾物語』 朝日新聞社横浜支局/編 仙石出版社 1971
『深海と地球の事典』 深海と地球の事典編集委員会/編 丸善出版 2014
キーワード
(Keywords)
海底線
海底ケーブル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
キーワードとして、海底線(ケーブル)、海底電纜、敷設船、布設船、陸揚、逓信省、海底線工事事務所、南洋丸、千代田丸、釣島丸(鶴島丸)、東洋丸、小笠原丸、沖縄丸などを挙げられた。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000200838解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!