このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-045
事例作成日
(Creation date)
2013年05月21日登録日時
(Registration date)
2013年11月08日 14時13分更新日時
(Last update)
2014年01月23日 16時02分
質問
(Question)
大学図書館における文献探索法の指導に関して、論文作成における大学生の文献探索法理解度および利用度を知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。
『論集・図書館学研究の歩み 14 図書館における利用者教育』(日本図書館学会研究委員会編 日外アソシエーツ 1994)
p193-205 斎藤泰則著「大学図書館における利用者教育:京都産業大学図書館の事例」に該当の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
『図書館情報学用語辞典』(日本図書館情報学会用語辞典編集委員会編 丸善 2007)
〈文献探索法〉はないがp222〈文献利用指導 bibliographic instruction〉はあり。〈図書館利用教育〉への参照あり。 
p184〈図書館利用教育 library user education〉
p111〈情報リテラシー information literacy〉から〈図書館利用教育〉〈文献利用指導〉への参照あり。 
p142〈大学図書館 university library, college library〉
『図書館ハンドブック 6版補訂』(日本図書館協会図書館ハンドブック編集委員会編 日本図書館協会 2010)
p92-97「利用教育」の節あり。利用教育は図書館オリエンテーション(library orientation)と文献利用指導(bibliographic instruction)に大別されるとあり。
p95-97「館種別の利用教育」に「大学図書館」の項あり。

インターネット情報の検索
キーワード〈文献探索法〉〈文献利用指導 bibliographic instruction〉〈図書館利用教育 library usereducation〉〈情報リテラシー information literacy〉〈大学図書館 university library, college library〉で自館目録、《CiNii》《CiNiiBooks》《国会図サーチ》を検索し、最近の記事を探すため雑誌を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館サービス.図書館活動  (015 9版)
参考資料
(Reference materials)
『論集・図書館学研究の歩み 14 図書館における利用者教育』(日本図書館学会研究委員会編集 日外アソシエーツ 1994), ISBN 4-8169-1256-8
キーワード
(Keywords)
文献探索法
文献利用指導
図書館利用教育
情報リテラシー
大学図書館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 利用案内
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000140182解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!