このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻497
事例作成日
(Creation date)
2017年11月20日登録日時
(Registration date)
2017年11月20日 13時54分更新日時
(Last update)
2021年01月07日 17時30分
質問
(Question)
松本にかつて松本歩兵五十連隊という部隊があったのだが、訓練地はどこにあったのか知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】p.121 「有明演習場」現在の安曇野市穂高有明にあったことがわかる。
【資料2】p.218 有明演習場の写真が載っている。
【資料3】p.92 「松本歩兵五〇連隊の誕生」についての項目あり。
     p.93 「有明演習演習地の設置」についての項目あり。
【資料4】p.130~131 「有明演習場と軍事教練」の項目に、演習地は「有明村富田南原の一部桑畑・山蚕林を含む山林原野」という記述あり。

『信濃毎日新聞データベース』に以下4件の記事あり。(最終確認:2020.6.2)
【資料5】2013(平成25)年11月8日(金) 朝刊35ページ 社会1面
「特定秘密保護法案審議入り 60年前―県内演習地計画反対の住民 「反対運動…次は処罰」と不安 」
の記事内に「安曇野市と軽井沢町の演習地計画」についての記載あり

【資料6】1993(平成5)年12月3日(金) 朝刊37ページ 社会3面
他の訓練場として「松本・曙町公民館の建物 旧歩兵50連隊の毒ガス訓練場だった 歴史学者らが注目」との記事あり

【資料7】2019(令和元)年8月6日(火) 朝刊26ページ 中信2面
「旧陸軍歩兵第50連隊 射撃場(松本)」記事あり

【資料8】2019(令和元)年8月9日(金) 朝刊26ページ 中信2面
「有明演習地跡(安曇野)」についての記事あり
回答プロセス
(Answering process)
「松本 歩兵」で検索しヒットした【資料1】【資料2】の目次を確認した。
穂高町有明(安曇野市穂高有明)にあったことが分かった。

穂高町(当時。現、安曇野市穂高)の町史を確認。【資料3】

信濃毎日新聞データベースで「松本 歩兵 訓練」のキーワードで検索したところ【資料5,6】の訓練地についての記事が見つかった。

追記1:その後調査で【資料7,8】の記事を確認する(最終確認:2020.6.2)
【資料7】2019(令和元)年8月6日(火) 朝刊26ページ 中信2面
「旧陸軍歩兵第50連隊 射撃場(松本)」記事あり

【資料8】2019(令和元)年8月9日(金) 朝刊26ページ 中信2面
「有明演習地跡(安曇野)」についての記事あり

追記2:レファレンス協同データベースで公開後、2021年1月に安曇野市図書館様から【資料4】にも記載があることをご紹介いただいた。
事前調査事項
(Preliminary research)
明科(中信)かもしれない。ただし確証がない。
NDC
中部地方  (215)
国防.軍事  (39)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】堀越好雄 著『歩兵第五十聯隊史』 歩兵第五十聯隊史刊行会, 1984. (NDC:396.5)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001706433-00  (p.121 「有明演習場」現在の安曇野市穂高有明にあったという記述あり)
【資料2】『長野県郷土部隊の記録 : 松本歩兵第五十聯隊・松本歩兵第百五十聯隊 写真集』 郷土出版社, 1980. (NDC:N391.2)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001517788-00  (p.218 有明演習場の写真掲載)
【資料3】穂高町誌編纂委員会 編『穂高町誌 第3巻 歴史編 下』 穂高町誌刊行会, 1991. (NDC:N215.2)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I077161427-00 , ISBN 4876630070 (p.92 「松本歩兵五〇連隊の誕生」についての項目あり。
p.93 「有明演習演習地の設置」についての項目あり。)
【資料4】上條 為人、中野 正実『思い出のアルバム安曇 大町市 北安曇郡 南安曇郡 (思い出のアルバム5)』郷土出版社, 1979. (NDC:N215.2) (p.130~131 「有明演習場と軍事教練」に演習地は「有明村富田南原の一部桑畑・山蚕林を含む山林原野」という記述あり。)
【資料5】『信濃毎日新聞データベース』2013(平成25)年11月8日(金) 朝刊35ページ 社会1面
「特定秘密保護法案審議入り 60年前―県内演習地計画反対の住民 「反対運動…次は処罰」と不安 」記事(最終確認:2020.6.2) (「安曇野市と軽井沢町の演習地計画」についての記載あり)
【資料6】『信濃毎日新聞データベース』1993(平成5)年12月3日(金) 朝刊37ページ 社会3面
「松本・曙町公民館の建物 旧歩兵50連隊の毒ガス訓練場だった 歴史学者らが注目」記事(最終確認:2020.6.2)
【資料7】『信濃毎日新聞データベース』2019(令和元)年8月6日(火) 朝刊26ページ 中信2面
「旧陸軍歩兵第50連隊 射撃場(松本)」記事(最終確認:2020.6.2)
【資料8】『信濃毎日新聞データベース』2019(令和元)年8月9日(金) 朝刊26ページ 中信2面
「有明演習地跡(安曇野)」についての記事(最終確認:2020.6.2)
キーワード
(Keywords)
歩兵第五十聯隊
有明演習場
訓練場
演習地
穂高町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
安曇野市図書館様
備考
(Notes)
調査範囲としては、簡単な事実がわかればよい程度。本を出版するにあたり、史実を確かめたい、とのこと。
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000225206解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!