このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-648
事例作成日
(Creation date)
2014年06月26日登録日時
(Registration date)
2014年06月26日 16時50分更新日時
(Last update)
2014年11月08日 19時08分
質問
(Question)
摩耶観光ホテルで、第1次世界大戦か第2次世界大戦のどちらかのあと、ドイツ人か日本人の捕虜あるいは子供が虐待された事件があったときいた。それに関するもの。
回答
(Answer)
時系列を整理すると、摩耶観光ホテルができたのは1930年。営業開始は1932年。
第1次世界大戦は1914年から1918年。徳島県の捕虜収容所があったのは1917年から1920年なので、
第1次大戦の線は薄いと思われる。

六甲摩耶鉄道の社史『六甲山とともに五十年』p128には「海外引揚者が住みつき」旨の記載あり。
『兵庫の素顔』の「軍艦ホテル」の項目にも同様の記述あり。
金子直樹「「廃墟」の歴史地理-摩耶観光ホテルを事例に-」『人文論究』第55巻1号p.63-88に上記文献のほかにいくつかの文献を引いて同ホテルのいきさつを紹介している。
上記3点にはそれ以上の記載なし。

『関西のモダニズム建築』(2014) p.65-71に設計者について触れているなど、同ホテルについて詳しい。質問の戦後の状況については記載なし。


第2次世界大戦時に連合国捕虜を収容した施設について書かれている本はいくつかあるが、戦後に日本人やドイツ人を収容したものについては見当たらず。

#ホテル名は「摩耶観光ホテル」「摩耶山温泉」「摩耶ホテル」「摩耶倶楽部」「軍艦ホテル」など文献によりブレがあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 8版)
参考資料
(Reference materials)
『六甲山とともに五十年』1982 (PV:0000605469)
『兵庫の素顔』 (PV:0000313786)
『人文論究』第55巻1号 (PV:0000313786)
『関西のモダニズム建築』2014 (PV:7200385639)
キーワード
(Keywords)
摩耶観光ホテル
摩耶山温泉
摩耶ホテル
摩耶クラブ
摩耶倶楽部
軍艦ホテル
廃墟
摩耶山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000155182解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!