このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻447
事例作成日
(Creation date)
2019年03月26日登録日時
(Registration date)
2019年03月26日 18時34分更新日時
(Last update)
2019年11月23日 12時00分
質問
(Question)
2017年の科学雑誌「Newton」に量子の記事があったと思う。その特集名と執筆者の名前と所属先を知りたい。
回答
(Answer)
お探しの記事は【資料1】~【資料3】雑誌『Newton GRAPHIC SCIENCE MAGAZINE』の2017年2月号
特集記事「Newton Special:光の量子論~その正体は、粒子なのか?波なのか?」p.24~だった。
この記事の執筆者は 市田 朝子 氏(『Newton』編集部)。
この記事の協力者は東京大学光量子科学研究センター長・教授 小芦 雅斗 氏。
そこで東京大学光量子科学研究センターや小芦教授の業績などが載っているWebサイトを案内。【資料4】~【資料7】
回答プロセス
(Answering process)
雑誌名『Newton』、刊行年2017年、キーワード「量子」で検索したところ2017年発行『Newton』で4誌ヒット。
内容を見ていただき【資料1】~【資料3】がお探しの記事と分かった。
そこから、記事に協力した東京大学光量子科学研究センター長・教授 小芦 雅斗 氏についてWebサイトで調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
理論物理学  (421)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】光の粒子説と波動説 (Newton Special その正体は,粒子なのか? 波なのか? 光の量子論)
掲載誌 Newton = ニュートン : graphic science magazine 37(2):2017.2 p.26-37
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000002-I027817125-00
【資料2】光の粒子性 (Newton Special その正体は,粒子なのか? 波なのか? 光の量子論)
掲載誌 Newton = ニュートン : graphic science magazine 37(2):2017.2 p.38-43
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000002-I027817138-00
【資料3】光の二面性 (Newton Special その正体は,粒子なのか? 波なのか? 光の量子論)
掲載誌 Newton = ニュートン : graphic science magazine 37(2):2017.2 p.44-59
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000002-I027817144-00
【資料4】東京大学光量子科学研究センター
http://www.psc.t.u-tokyo.ac.jp/
(最終確認日:2019年3月26日)
【資料5】東京大学 小芦 雅斗 氏のページ
http://icooon-mono.com/?s=%E6%B0%B4%E7%AD%92
(最終確認日:2019年3月26日)
【資料6】光量子科学研究センター小芦研究室Webサイト
http://www.qi.t.u-tokyo.ac.jp/
(最終確認日:2019年3月26日)
【資料7】Scopus Preview「小芦 雅斗」著者詳細
https://www.scopus.com/authid/detail.uri?authorId=7003264515
(最終確認日:2019年3月26日)
キーワード
(Keywords)
量子
光量子
粒子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
量子論 小芦雅斗 人物 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 社会人
登録番号
(Registration number)
1000253760解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!