このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
広瀬2014‐20
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2015年06月19日 13時15分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時41分
質問
(Question)
平安時代の調味料で「砂糖」の代わりに使用されていたものが知りたい。たぶん果実の甘みだと思うのだが、本に書かれているか根拠となる資料を探している。その他、もしあれば平安時代以前の甘み調味料も調べて欲しい。
回答
(Answer)
『日本食生活史』平安時代とそれ以前の甘味料についての記載があった。特に「果物」の甘みを使用した可能性にふれた記載もあった。
『砂糖のちから』p44に砂糖の代わりの甘味料の記載あり。
『新編日本食品事典』p52に「人類は太古から果物などの自然の生産物から甘味をとっていた」との記載あり。※ただし「日本」との記載はない。
『砂糖入門』p9-p10「2 日本への砂糖伝播と歴史」に「果物などが甘味料」との記載あり。
『砂糖の事典』p16平安時代以前の甘味料の記載あり。
『日本の食文化史年表』p1102に柿の記載あり。
『日本大百科全書1』「あまずら」の言葉からp543「柿」の記載あり。
『飲食事典』p13に平安時代の甘味料の記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
平安時代の調味料を探しているとのお話しだったが、使用提供をしているうちに砂糖の代わりに使用されていたと思う「果物から取った甘み」を記載している資料が欲しいとのことだった。
所蔵調査の検索で「サトウ」「レキシ」や「サトウ」「ショクヒン」等をキーワードに調べたところ、本館所蔵の資料にそれぞれ記載がある旨お伝えした。
『日本食生活史』の貸出を行ったが、後日当館以外で該当する資料がないか追加で調べたところ、『砂糖入門』や『砂糖の事典』にもそれぞれ記載があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588)
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
日本食生活史. 吉川弘文館,渡辺実著 1964.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000032012-00 , ISBN 4642073094
砂糖のちから : 植物からの贈りもの. 素朴社,足立香代子 監修 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010150999-00 , ISBN 9784903773117
新編 日本食品事典. 医歯薬出版, 森雅央 [ほか]著 1982
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000246271-00
砂糖入門(食品知識ミニブックスシリーズ). 日本食糧新聞社, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011061398-00 , ISBN 9784889271454
砂糖の事典. 東京堂出版, 日高秀昌, 岸原士郎, 斎藤祥治 編 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010437696-00 , ISBN 9784490107630
日本の食文化史年表. 吉川弘文館, 江原絢子, 東四柳祥子 編 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011220492-00 , ISBN 9784642014595
飲食事典. 平凡社,本山荻舟 著 1958.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000988294-00
キーワード
(Keywords)
甘味
砂糖
食文化
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000176138解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!