このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149012
提供館
(Library)
姫路市立城内図書館 (2310068)管理番号
(Control number)
姫路-125
事例作成日
(Creation date)
2013年06月01日登録日時
(Registration date)
2014年02月07日 16時14分更新日時
(Last update)
2014年12月14日 14時31分
質問
(Question)
魚町(姫路市)の町名の由来が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵の以下の資料で調べることができます。

『姫路市町名字考 』復刻(橋本政次著, 白雲堂書店, 1976)
 p4~5「西魚町」  p7「中魚町」  p8「東魚町」
 *それぞれの地名の由来が記されています。

『ふるさと城南ものがたり』(横山忠雄編, 城南地区連合自治会, 1983)
 p87~92「魚町」 
*西魚町と恵美酒町について記載があります。西魚町については「池田輝政の町割りの時、既に西魚町の名は見えていた。たぶん町づくりのとき、生魚業者の集団があり、総社の東隣にある東魚町に対し、西を冠し・・・(後略)」と書かれています。

『姫路の町名』(播磨地名研究会編著, 神戸新聞総合出版センター, 2005)
 p89~90「魚町」

『うちまちものがたり-姫路城下町』(白鷺中学校区地域夢プラン実行委員会, 2006)
 p95 旧名【東魚町】 
 「東魚町は、池田輝政の行った慶長の町割り以前からあったものと思われ、元魚(もとうお)町(まち)と記された地図もある(後略)」と書かれています。
 p122 【魚町】・旧名【西魚町】
 「慶長の町割りに、総社の東にあった魚町に対して、「西魚町」と称しました。(中略)昭和36年(中略)、西魚町、恵美酒町及び、福中内新町、西塩町の一部を含めて、魚町としました。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149012解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!