このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000156643
提供館
(Library)
西東京市中央図書館 (2310078)管理番号
(Control number)
西東京‐20140720
事例作成日
(Creation date)
2014年07月20日登録日時
(Registration date)
2014年07月23日 12時31分更新日時
(Last update)
2014年07月23日 12時40分
質問
(Question)
1955年から2000年までの外食の価格の推移(ラーメン店でのメニューとその価格、カレーライス、とんかつ定食、生姜焼き定食、天丼、ナポリタンなどまた、ビールや日本酒、グラスワイン、大衆的な食堂の値段で、銀座とか、一流店でないもの)を知りたい。
回答
(Answer)
以下の国や東京都による統計資料ならびに、風俗に関する当館所蔵資料を調査、提供した。

<国や東京都による統計資料>
【資料①】『完結昭和国勢総覧 第二巻』
p.495に、総務省統計局が全国で実施している小売物価統計調査の1950年から1988年の東京での数値を品目別に表にした、「品目別小売価格(東京)」があり。
(掲載品目の例)
かけうどん/中華そば/カレーライス/親子どんぶり/すし/コーヒー/ビール
 
・調査例:【資料①】によるビール1本(350ml)の値段の推移
 1950年―130円  1955年―125円  1960年―125円  1965年―116円
 1970年―132円  1975年―171円  1980年―233円  1985年―310円
 
【資料②】『東京の物価』
東京都統計局が1974年3月から毎月行っている小売物価統計調査をまとめた「主要品目の東京都区部小売価格」の掲載あり。
(掲載品目の例)
【資料①】の品目に加えて、ぎょうざ/天どん/ハンバーガー/牛どん

<風俗に関する資料>
【資料③】『値段の明治大正昭和風俗史』
【資料④】『続値段の明治大正昭和風俗史』
【資料⑤】『続続値段の明治大正昭和風俗史』
明治時代からおよそ昭和50年代までの値段の変遷が載っている。
(掲載品目の例)
【資料③】日本酒(p.85)/コーヒー(p.134)/天丼(p.195)/カレーライス(p.231)
【資料④】ラムネ(p.9)/焼酎(p.79)/とんかつ(p.255)
【資料⑤】サイダー(p.14)/ビールジョッキ1杯(p.148)/ラーメン(p.179)
 
・調査例:【資料⑤】によるビールジョッキ1杯(500ml)の値段の推移
 1950年―135円  1956年―125円  1965年―155円  1970年―175円
 1975年―280円  1980年―360円

【資料⑥】『物価の文化史事典』
昭和初期から2000年代までの外食・調理品・嗜好品の値段の変遷が、時代背景や制度の変遷とともに載っている。
(掲載品目の例)
うどん・そば(p.120)/三越食堂のメニュー(p.122)/新宿中村屋のカリー(p.126)/コロッケ、とんかつ(p.131)/コーヒー(p.129)/ビール(p.114)

・調査例:【資料⑥】によるビール1本(350ml)の値段の推移
 1950年―130円  1955年―125円  1960年―125円  1964年―115円
 1970年―140円  1976年―195円  1980年―240円  1984年―310円
 1989年―300円  1994年―330円  2005年―1218円(350ml缶6缶パック)

【資料⑦】『物価の世相100年』
巻末(pp.292-293)に明治元年から昭和56年までの外食の値段の変遷の記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
(1)自館の蔵書検索にて、「外食」「値段」「物価」「昭和」といったキーワードで検索する。
ヒットした資料の中で、風俗に関する【資料③】~【資料⑤】の中を確認したところ、上記回答にあるような品目の値段の推移が載っていることを確認した。

(2)他に同じような事例がないか、レファレンス協同データベースの事例検索で(1)と同じキーワードで検索した。
下記の事例にあった、【資料①】、【資料⑥】、【資料⑦】にあたる。
・「おでん」と「やきとり」の昭和23年と昭和41年の値段が知りたい。(埼玉県久喜市図書館)(2014/7/20確認)
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029895
・日本における過去の物価を調べたい。(近畿大学中央図書館)(2014/7/20確認)
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107676
・昭和20年代の物価、サラリーマンの給料等について知りたい。(池田市立図書館)(2014/7/20確認)
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000066444
・物価の推移が判る資料は?(茨城県立図書館)(2014/7/20確認)
  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000025376

(上記事例の参考資料にあったが、回答にはつながらなかった資料)
・『戦後値段史年表』(朝日新聞社 1995)
・『値段史年表-明治・大正・昭和-』(週刊朝日編 朝日新聞社 1988)
・『日本20世紀館』(五十嵐仁[ほか]編集委員 小学館 1999)

(3)もう少し統計資料があればと思い、国立国会図書館の「リサーチ・ナビ」の調べ方案内検索で、「物価」「値段」と検索すると、下記の調べ方案内のページがヒットした。
・小売物価統計 調べ方案内 国立国会図書館(2014/7/20確認)
  http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102609.php
 上記ページに総務省統計局のホームページへのリンクがあり、調べてみると【資料①】の元となった調査の結果がエクセルにまとめられていた。
・「主要品目の東京都区部小売価格(昭和25年~平成22年)」(2014/7/20確認)
  http://www.stat.go.jp/data/chouki/22.htm

(4)総務省統計局のホームページからのリンクに【資料②】の元の調査である「東京の物価」ホームページへのリンクがあり、自館蔵書検索で「東京」「物価」と調べると【資料②】がヒットした。当市では1977年1月から現在までの資料を所蔵しており、当市で未所蔵の1974年3月~1976年12月の資料は、東京都立中央図書館に所蔵を確認できた。
・東京の物価(2014/7/20確認)
  http://www.toukei.metro.tokyo.jp/bukka/bk-index.htm
事前調査事項
(Preliminary research)
特になし
NDC
貨弊.通貨  (337)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382)
日本  (351)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】東洋経済新報社. 完結昭和国勢総覧 第二巻. 東洋経済新報社, 1991. p. 495 (当館請求記号 R351, 当館資料番号 100225127)
【資料②】東京都総務局統計部経済統計課. 東京の物価No.37-No.46(1997.1-1977.12). 東京都総務局統計部経済統計課, 1977.4-1987.1 (当館請求記号 N J4010, 当館資料番号 102834009)
【資料③】週刊朝日編. 値段の明治大正昭和風俗史. 朝日新聞社, 1981. (当館請求記号 337.8, 当館資料番号 0100217878)
【資料④】週刊朝日編. 続 値段の明治大正昭和風俗史. 朝日新聞社, 1981. (当館請求記号 337.8, 当館資料番号 010027886)
【資料⑤】週刊朝日編. 続続 値段の明治大正昭和風俗史. 朝日新聞社, 1982. (当館請求記号 337.8, 当館資料番号 010027894)
【資料⑥】森永卓郎監修 甲賀忠一,制作部委員会編. 物価の文化史事典. 展望社, 2008. (当館請求記号 337.8, 当館資料番号 105841985)
【資料⑦】岩井爾郎. 物価の世相100年. 読売新聞社, 1982. p. 292-293 (当館請求記号 337, 当館資料番号 010636470)
キーワード
(Keywords)
価格
物価
風俗
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計・風俗に関する事項
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 社会人
登録番号
(Registration number)
1000156643解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!