このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域188
事例作成日
(Creation date)
2013年10月23日登録日時
(Registration date)
2013年11月04日 14時21分更新日時
(Last update)
2013年11月04日 14時25分
質問
(Question)
第2次世界大戦末期、アメリカ本土の直接攻撃を目的に打ち上げられた「風船爆弾」の勿来基地の位置についての所蔵資料調査依頼。
回答
(Answer)
当館所蔵の当該資料について調査した結果、下記資料に「風船爆弾基地」の位置図および当時の「基地配置予想図」を確認し、回答した。
「風船爆弾」とは、第2次世界大戦末期(昭和19年11月初旬~翌20年4月初旬)アメリカ本土を直接攻撃する「フ号作戦」のために、研究・製造された秘密兵器である。
手漉き和紙をコンニャク糊で何層に貼りあわせた気球に爆弾・焼夷弾を吊るし、偏西風(ジェット気流)にのせ最高時速300kmの速度で、アメリカ本土到達には約50時間を要したとされる。
気球の直径は約10m、全体の重さは180kgを計り、35kgの爆弾を搭載していた。
放球基地は全国で3箇所設置され、
①茨城県大津(現北茨城市長浜)に司令部・第1大隊
②千葉県一宮(現千葉県一宮町)に第2大隊
③福島県勿来(現いわき市勿来町)に第3大隊が置かれ、前述の5ヶ月間に合計約9,300発の風船爆弾が、アメリカ本土に向け放球されたとされる。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵資料の調査

【資料①】『フ号作戦と勿来 –風船爆弾の記憶-』:「風船爆弾」に関する、」フ号作戦関係者、地元の目撃証言、勿来基地跡図等の記述を認める。

【資料②】『戦争と勿来 第4集』P21~31:「フ号作戦」に従事した軍人、勿来基地近隣住民の当時の体験記・目撃証言、基地配置予想図等の記述を認める。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
第2次世界大戦
風船爆弾
フ号作戦
勿来基地
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000140008解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!