このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域185
事例作成日
(Creation date)
2013年10月03日登録日時
(Registration date)
2013年10月10日 17時59分更新日時
(Last update)
2013年10月10日 18時00分
質問
(Question)
「四倉の大仏石」について、地震や津波に関する由来等についての調査依頼。
回答
(Answer)
当館所蔵の当該資料について調査した結果を以下に記す。
「大仏石」は、四倉町上仁井田字岸前の民家の裏手に存在する。
昔、大きな津波があって海から打ち上げられた石で、次第に生長するという伝承が残る。
現在でも8月15日に「大仏石」の供養が行われ、この石のように丈夫に育つようにとの意味から、子どもの健やかな成長や家族の健康を祈る。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵資料の調査
【資料①】『磐城地方の石に関する民間伝説』P4:「大仏石」に関する記述を認める。
【資料②】『郷土史 贄田』創刊号P56・57:「大仏石」に関する記述を認める。
【資料③】『いわきの伝説ノート』P73・74:「大仏石」に関する記述を認める。
【資料④】『四倉郷土史』1~6:「大仏石」に関する記述なし。
【資料⑤】『磐城郡村誌』1:「大仏石」に関する記述なし。
【資料⑥】『四倉史学会会報』1~11:「大仏石」に関する記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
『四倉の歴史と傳説』1986 本多徳次 [AL210.1-1/ホ 1110737812]  ※本書には、該当する記述は認められなかった。
NDC
日本史  (210 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『磐城地方の石に関する民間伝説』1935 磐城高等女学校第4学年 [388/イ1110741194]
【資料②】『郷土史 贄田』1983 上仁井田を語る会 [210.0-1/ニ 1110826060]
【資料③】『いわきの伝説ノート』2006 夏井芳徳 [388/ナ 1111927115]
【資料④】『四倉郷土史』1958 本多徳治 [AL210.1-1/ヨ 1110737903]
【資料⑤】『磐城郡村誌』1878大須賀次郎 [K291/イ 1110091954]
【資料⑥】『四倉史学会会報』1958四倉史学館 [K210.0-1/ヨ 1111997217]
キーワード
(Keywords)
大仏石
四倉町
上仁井田
地震
津波
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000138201解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!