このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟県立図書館 (2110024)管理番号
(Control number)
新県図-00010
事例作成日
(Creation date)
2001/02/28登録日時
(Registration date)
2005年12月13日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年11月25日 02時00分
質問
(Question)
北陸自動車道建設に関連して資料を探している。特に北陸道の旅の様子がわかる絵図を探している。以下のような資料を所蔵しているか。
1.古代北陸道をあらわした図版及びイラスト
2.境川沿いに上る山道(絵図等で昔の旅人の様子がわかるもの、または古い海沿いの写真。
3.親不知・子不知の海沿いの道(絵図等で昔の旅人の様子がわかるもの、または古い海沿いの写真)
4.ドイツの地質学者、フォッサマグナの命名者エドムント・ナウマンの肖像写真
5.昭和42年開通の新国道の写真
6.昭和27~32年に多発した土砂崩壊事故の関連写真
7.56豪雪時の写真
8.新潟県内で起こった雪崩の写真
9.新潟県における大正デモクラシー運動の関連写真
10.昭和恐慌時の出稼ぎに関する写真(女工の労働状景など)
11.塩の道(糸魚川街道)周辺の石仏、歩荷の関連写真と資料
12.奴奈川姫の像の写真
回答
(Answer)
1.古代北陸道をあらわした図版及びイラスト
 (1)『新潟県越後国西頸城郡実測図』(西頸城郡役所 当館請求記号:NM233-N83)
  古代ではありませんが明治27当時の西頸城郡の道路、山等が鳥瞰的に描かれています。
 (2)『三十年のあゆみ』(建設省北陸地方建設局長岡国道工事事務所 1989 N685-Ke51-1)
  p3~15「国道8号線と北国街道」 絵図があります。
 (3)『日本の街道 3 雪の国北陸』(集英社 1981 N290-59)
  p20~29「水運と結ぶ深雪北陸の道(木下良)」「高田付近の街道(下通山川駅路之図)」
  奴奈川姫像、親不知の天険(写真)もあります。
 (4)『新潟県の100年 5 歴史編』(新潟日報事業社 1986 N206-34-5)
  p14~15「北陸新道の開削」 明治中期の写真です。
 (5)『江戸時代図誌 13 北陸道 二』(吉田光邦編 筑摩書房 1977 N290-H82)
  p60~61「138 越中から越後へ 信州に至る北国街道(金沢江戸間下街道絵図)」 
 (6)『新潟県歴史の道調査報告書 9 三国街道2・北国街道3』(新潟県教育委員会 1996 N682-N725K-9)

2.境川沿いに上る山道(絵図等で昔の旅人の様子がわかるもの、または古い山道の写真。)
  境川としては該当資料がみつかりませんが3.(9)に境を行く旅人の絵があります。強いていえば、こちらが該当するかもしれません。

3.親不知・子不知の海沿いの道(絵図等で昔の旅人の様子がわかるもの、または古い海沿いの写真)
 (1)『親不知名勝絵葉書』(絵はがき ハ33.2-1)
 (2)『越後名勝親不知絵葉書』(絵はがき ハ33.2-2)
 (3)『図解にいがた歴史散歩糸魚川・西頚城』(新潟日報事業社出版部 1985 N200-26-11)
  p103~106「天下の険親不知子不知」 安藤広重の『六十余州名所図会』の「越後親しらず」を紹介しています。
  P107~111「続・天下の険親不知子不知」 十返舎一九の『六十余州名所図会』の「駒返しの険」を紹介しています。
 (4)『親不知のみち 第ニ編』(建設省北陸地方建設局高田工事事務所 1998 N514-Ke51-2)
  p0~1「親不知のみち」 浮世絵の図版があります。
 (5)『写真集ふるさとの百年糸魚川・西頚城』(新潟日報事業社出版部 1982 N206-10-15)
  p2~4,162~163,169~171 親不知、新道開削などの写真のほか「能生町古絵図」(明治中期)に北国街道が描かれています。
 (6)『街道紀行 3 信越・北陸路』(毎日新聞社 1990 N291.4-Ma31-3)
  p77~78 親不知の写真があります。
 (7)『越のみち』(建設省北陸地方建設局長岡国道工事事務所 1989 N685-Ke51-2)
  p16~17「危険いっぱいの海岸、川沿いル-ト・天険、親不知海岸(写真)」
  p40「親不知付近の旧北陸道(写真)」
 (8)『図説新潟県の街道』(郷土出版社 1994 N682-Z8)
  p6~7「塩の道資料館、市振の海道の松、本陣前を走る加賀街道、親不知の険、小坂の道標、大野のウトウ」の図版があります。
 (9)『十返舎十九越後紀行集 2 越中立山参詣紀行-『金草鞋』第一八編』(郷土出版社 1996 913.5-J53-2)
  p82~87「糸魚川、青海・駒辺、宇多、外浪・親不知、市振、境」 絵入りです。
 
4.ドイツの地質学者、フォッサマグナの命名者エドムント・ナウマンの肖像写真
 (1)『日本地質学の父エドモント・ナウマン』(フォッサマグナミュージアム 1996 289.3-N59) 
  3枚の写真があります。                                         

5.昭和42年開通の新国道の写真
 (1)『続・青海-新生への歩み-』(青海町 1973 N233-O62-2)
  p243 「新国道」の写真。本文に「昭和42年12月19日完成、開通した」とあります。
  P244~245,248,283 「歌外波中学校/ガケ崩れ」「馬返し洞門」「事故-新国道-」

6.昭和27~32年に多発した土砂崩壊事故の関連写真
 当館で編集した「新潟県における主な地すべり災害年表」(『にいがた 23号』(新潟県立図書館 1987)等の資料からは、昭和27~32年の糸魚川、西頚城地域の土砂崩壊事故は確認できませんでした。

7.56豪雪時の写真
 (1)『雪との闘い』(十日町市 1981 N451-18)
 (2)『けんせつほくりく』(北陸建設弘済会 1994 N510-Ke51)
  p386~402「56豪雪特集」
                     
8.新潟県内で起こった雪崩の写真
 (1)『59豪雪の記録』(中里村 1984 N451-50)
           
9.新潟県における大正デモクラシー運動の関連写真
 (1)『図説新潟県の歴史』(小村弌編 河出書房新社 1998 N2*00-Z8-15)
  p218~222「大正デモクラシーの波」 写真は小サイズです。
 (2)『新潟県の100年 5 歴史編』
  p84~85「木崎村の争議」
  p112~113「争議相つぐ」

10.昭和恐慌時の出稼ぎに関する写真(女工の労働状景など)
 (1)『図説新潟県の歴史』
  p223~227「昭和恐慌と新潟県」

11.塩の道(糸魚川街道)周辺の石仏、歩荷の関連写真と資料
 (1)『塩の道500景-千国街道を歩く-』(田中欣一、田中省三著 信濃毎日新聞社 1997 N291.5-Ta84)
  写真集です。
 (2)『塩の道を歩く』(田中欣一文 田北圭一写真 信濃毎日新聞社 1989 N291.5-Ta84)
  写真集です。
 
12.奴奈川姫の像の写真
 (1)『奴奈川姫-よみがえる古代史・その歴史とロマン-』(土田孝雄著 奴奈郷土文化研究会 1990 N2*33-Ts26)
  ブロンズ像の写真があります。 
 (2)『図解にいがた歴史散歩糸魚川・西頚城』
  p38~40「高志の奴奈川姫とロマンス」 奴奈川姫の銅像の写真があります。
  P40~42「守護神黒姫山と奴奈川姫」 奴奈川社女神像の写真があります。
 (3)『翡翠の精-西頚城歴史漫画本・奴奈川姫物語-』(まき・のむら著 奴奈川青年会議所 1997 N2*33-Ma34)
  奴奈川をモデルとした漫画です。奴奈川姫像の写真もあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
運輸.交通  (680 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
北陸自動車道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000025711解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!