このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108160
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120705-3
事例作成日
(Creation date)
2012年07月05日登録日時
(Registration date)
2012年07月05日 17時36分更新日時
(Last update)
2012年07月11日 16時57分
質問
(Question)
障害のあるアメリカ人法「Americans with Disabilities Act of 1990(ADA)」の法典の日本語訳を入手したい。
また同法は2008年に改正されたようだか、それを反映した邦訳はあるか?
回答
(Answer)
 改正前のADAの翻訳図書については以下のようなものが見つけられる。
 ・アメリカ障害者法:全訳・原文/斎藤明子訳.現代書館,1991.6.81p.
 ・ADA障害をもつアメリカ国民法:完訳解説/全国社会福祉協議会編,全国社会福祉協議会,1992.9.181p.
 ・障害をもつアメリカ人に関する法律:翻訳・原文・資料/中野善達 [ほか] 編.湘南出版社, 1992.6.316p.
 ・障害を持つアメリカ人法施行規則:アメリカ合衆国雇用機会均等委員会/日本障害者雇用促進協会編.日本障害者雇用促進協会,1993.3.(翻訳文献資料平成4年度)iv, 99p.
 ・1990年の障害を持つアメリカ人法(ADA)/労働省職業安定局障害者雇用対策課(仮訳).海外労働情勢月報,449.p29-37

 改正後の現行法「Americans with Disabilities Act Amendment Act of 2008(ADAAA)」の改正点については【資料2,3】の雑誌論文ほかが周辺情報として見つけられる。
回答プロセス
(Answering process)
 【資料1】法典そのものは米国司法省サイトで現行法および改正前の全文が英文で公開されている。
 Google検索による結果からは、他にも「米国障害者差別禁止法」という訳し方も見られる。

 「障害」「アメリカ or 米国」「法」のキーワードで【CiNii Books】や【NDL Search】を検索。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
労働経済.労働問題  (366 9版)
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.アメリカ司法省ADAホームページ( http://www.ada.gov/pubs/ada.htm  確認2012/07/05)
2.アメリカにおける障害者雇用の実態と二〇〇八年ADA改正法/長谷川 珠子.福祉労働,No121,2008,p.32-42.
3.アメリカの障害者差別禁止法制/長谷川 珠子( http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/b_3/pdf/s1.pdf  確認2012/07/05)
4.DINF(障害保険福祉研究情報システム)のサイト( http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/law/anti/index.html  確認2012/07/07)
5.アメリカの障害者雇用政策--障害者差別禁止法(ADA)の成果と課題 (特集 アメリカの社会保障)
所 浩代
海外社会保障研究 (171), 62-71, 2010
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/19309606.pdf  (2012/07/11確認)
キーワード
(Keywords)
ADA
障害のあるアメリカ人法
米国障害者差別禁止法
障害者雇用
障害者福祉
Americans with Disabilities Act
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
法律
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000108160解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!