このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20120129/964
事例作成日
(Creation date)
2012年01月29日登録日時
(Registration date)
2012年06月07日 09時35分更新日時
(Last update)
2012年06月07日 09時35分
質問
(Question)
加賀海岸の明治~大正ごろの海図を見たい。この付近は海難事故が頻発しており、海底に岩礁などがあるのではないかと思うが、新しい海図には記入されていない。
回答
(Answer)
当館は所蔵なし。
回答プロセス
(Answering process)
まず古い海図がないか自館資料を検索した。
「全文=海図」「全文=海上保安庁」「請求記号=557.7」の条件で検索した。
郷土資料では『七尾湾海底地形図』1982 海上保安庁水路部(K452/12)、『舳倉島』1979 海上保安庁水路部(K558/2)、『珠洲岬』1981 海上保安庁水路部(K558/3)などがヒットした。

国会図書館のリサーチ・ナビで「調べ方案内」の「海図」を見た。
とりあえず、「請求記号=YG4-Z*」(のし図)で検索し、出版年の古いもの順に並べた。
明治末、大正年間の『宮津灣及栗田灣 日本・本洲北西岸・丹後』や『能登半島 日本・本洲北西岸』などはあったが、加賀海岸を含んでいそうなものは見つけられなかった。

リサーチ・ナビの「海図」に載っていた、海上保安庁の「海の相談室」のFAQ集を見ると、「日本周辺の海岸区」という項があり、「村崎ノ鼻{Murasaki-no-Hana}(下関市)~龍飛埼{Tappi Saki}(青森県)」は「本州北西岸」に当る、とあった。
ふたたびNDL-OPACで「本州北西岸」をキーワードに検索すると、[海軍省]水路部が昭和9年に測量した『本洲北西岸諸分圖第3 日本』(NDLC:YG4-Z)の内容細目が、「橋立港 (1:10000). 金石泊地 (1:15000). 瀧港 (1:15000). 輪島港 (1:15000). 富來港附近 (1:20000)」となっていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
航海.航海学  (557 9版)
参考資料
(Reference materials)
国立国会図書館サーチ
調べ方案内「海図」(国立国会図書館「リサーチ・ナビ」)
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-601032.php (2012/06/07確認)
海上保安庁海洋情報部「海の相談室」FAQ集
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/faq/mokuji.htm (2012/06/07確認)
キーワード
(Keywords)
加賀海岸
海図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000106915解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!