このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184444
提供館
(Library)
横浜未来看護専門学校(図書室) (4400002)管理番号
(Control number)
横浜未来028
事例作成日
(Creation date)
2015年10月22日登録日時
(Registration date)
2015年11月26日 14時39分更新日時
(Last update)
2016年01月06日 14時45分
質問
(Question)
以前に読んだ「臨床看護技術」の本で、DVDが付いているものを探している。
回答
(Answer)
『Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ : 写真でコツを理解する! 動画で手順がわかる!』
(猪又克子, 清水芳監修, 学習研究社, 2008年, 492.9<N210>) 付属資料: DVD(1枚)
回答プロセス
(Answering process)
OPACで「臨床看護技術」を検索→11件ヒット。
タイトル・注記などからDVDが付いている資料を探し、現物を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床医学.診断.治療  (492 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
臨床看護技術
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※クイックレファレンス
※看護関係の図書は、日本看護協会看護学図書分類表第2版を採用。
https://www.nurse.or.jp/nursing/education/library/pdf/bunruihyou.pdf
(2015年12月17日確認)

※参考として:キーワード「看護技術」でDVDがついている図書
『DVDで学ぶ身体侵襲を伴う看護技術 』
(掛橋千賀子, 真嶋由貴恵, 奥山真由美著, 医学書院, 2006年, 492.9<N210>)
『基礎看護技術 : 看護過程のなかで技術を理解する』(看護学テキストnice)改訂第2版
(香春知永, 齋藤やよい編集, 南江堂, 2014年, 492.9<N210>)
『看護技術講義・演習ノート : 授業で使える 自己学習にも役立つ』(上巻: 日常生活援助技術篇)新訂版
『看護技術講義・演習ノート : 授業で使える 自己学習にも役立つ』(下巻: 診療に伴う看護技術篇)新訂版
(山口瑞穂子編著, サイオ出版, 2015年, 492.9<N210>)
『演習・実習に役立つ基礎看護技術 : 根拠に基づいた実践をめざして』第3版3刷
(三上れつ, 小松万喜子編集, ヌーヴェルヒロカワ, 2010年, 492.9<N210>)
『動画DVDでわかるタッチングの看護技術 : いつでもどこでも!患者さんがらく〜になる: 病棟ラウンド時にできる!』
(山口晴美著, メディカ出版, 2011年, 492.9<N210>)
『看護場面における感染防止』(看護技術DVD学習支援シリーズ, 新人ナース・指導者必携!)
(竹股喜代子編, インターメディカ, 2007年, 492.9<N212>)
『安全で確かな与薬 』(看護技術DVD学習支援シリーズ, 新人ナース・指導者必携!①②)
(高屋尚子編, インターメディカ, 2007年, 492.9<N212>)
『もっと!らくらく動作介助マニュアル : 寝返りからトランスファーまで 』
(山本康稔, 佐々木良著, 医学書院, 2005年, 492.9<N212>)
『写真でわかる小児看護技術 : 小児看護に必要な臨床技術を中心に』(写真でわかるシリーズ)改訂第3版
(山元恵子監修 ; 佐々木祥子編著, インターメディカ, 2015年, 492.9<N440>
『急変時のアセスメントと看護』(看護技術DVD学習支援シリーズ : 新人ナース・指導者必携)
(山田明美編, インターメディカ, 2007年, 492.9<N954>)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
看護
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000184444解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!