このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
17―10
事例作成日
(Creation date)
2005/06/14登録日時
(Registration date)
2007年11月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2013年10月09日 13時24分
質問
(Question)
『伊予三島市史 上巻』(1989年 伊予三島市)p303に出てくる「野田の河村家に伝わる『庄屋文書』は現在、どこに所蔵されているか。
回答
(Answer)
四国中央市土居図書館によると旧土居町には河村家はなかったらしい。
岡銅村の「河村家文書」は四国中央市三島図書館がその複製を所蔵しているが、「合戦之次第記」は同文書の「伊予国宇摩郡川之江城記」に含まれていたが、市史編纂・複製作業の過程で紛失してしまったという(三島図書館が市史編纂に携った人に確認)。そのため、岡銅村の河村家文書のことと考えてよいと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
同書の参考文献には記載なし。【資料1】のp839-840の「河村家文書」は岡銅村(瓜尻村)の庄屋文書であり、違うと判断。【資料2】には該当のものなし。
【資料3】によると野田村は旧土居町野田(現・四国中央市)。
【資料4】によると野田村の庄屋は野田氏であり、「新居浜市高木在住の野田氏は右の古文書等を今も大切に保管されている」とある。
『伊予史談』などの宇摩郡の戦国時代について書かれた論文には『伊予三島市史』に引用された野田の河村家『庄屋文書』の「合戦之次第記」は全く用いられていない。
自館では調べがつかないため、四国中央市の土居・三島両図書館に照会してみる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
四国地方  (218 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『伊予三島市史 下巻』(伊予三島市 1989年)
【資料2】『郷土古文書等調査報告書』(愛媛県 1978年)
【資料3】『日本歴史地名大系39 愛媛県の地名』(平凡社 1980年)
【資料4】『土居町誌』(土居町 1984年)
キーワード
(Keywords)
河村家文書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
四国中央市土居図書館
四国中央市三島図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000039475解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!