このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151571
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 13-0226
事例作成日
(Creation date)
2013/12/10登録日時
(Registration date)
2014年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月30日 00時30分
質問
(Question)
客船の事故で、戦後の死傷者の多かった大きな事故について5件程度、原因も含めて知りたい。(至急)
回答
(Answer)
『世界なんでもTOP10』p.152
「旅客フェリーの事故」に、第2次世界大戦以降に大惨事を引き起こしたフェリーとして掲載されているものについて回答。
原因については、『北海道新聞』の記事も参考とした。

①「20世紀の海難事故トップ10」に入っている「ドナ・パス号」
1987年12月20日、フェリー船「ドナ・パス号」がダビアス海峡で石油輸送船「MVビクター号」に衝突された
死者3,000以上。
②1993年2月17日にハイチの沖合で沈んだ「ネプチューン号」
死者は、およそ1,800人。
人員超過の中、スコールのため一斉に人が移動したため、傾き転覆。
③1954年9月26日に津軽海峡で1,172人の死者を出した「洞爺丸」
台風が原因。
④1980年4月22日にフィリピン諸島を出発後、少なくとも1,000人の死者を出した「ドン・ファン号」
原因の掲載は確認できなかった。
⑤1994年9月27日にフィンランド湾で912人の乗客と船員の命を奪った「エストニア号」
史上最悪のカーフェリー事故とされる。
内側ドア密閉不十分のため海水が入り込んで沈没。

「このようなフェリーが戦後20隻ほども転覆し、合わせて5,000人以上の命が失われた。」と記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海洋開発  (558 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 世界なんでもTOP10 ラッセル・アッシュ?著 三省堂編修所?訳 三省堂 1996.4 049/SE

2 北海道新聞 1993/2/20夕刊p.13

3 北海道新聞 1994/9/29朝刊p.21
キーワード
(Keywords)
旅客船
海難事故
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000151571解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!