このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 15-0039
事例作成日
(Creation date)
2015/07/14登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月31日 00時30分
質問
(Question)
昭和12年(1937年)の、公務員の初任給
回答
(Answer)
「物価の文化史事典」395ページに「高等官制時代:国家公務員初任給の推移」として、昭和12年の高等官・初任俸給月額が75円、とあり。
「値段の明治・大正・昭和風俗史 続」159ページに「値段のうつりかわり 公務員の初任給」の表があり、昭和12年はやはり75円。

国会レファレンス協同データベースに「昭和12年の物価や賃金(例えば米10㎏がいくらか、大卒銀行員初任給がいくらかなど)を知りたい。」という質問があり、回答資料として『値段史年表 明治・大正・昭和』 同盟出版サービス 2001があげられており、この資料の記載によると、公務員の初任給はやはり75円となっている。

なお、人事院のHP( http://www.jinji.go.jp/top.htm )に「職員の給与・生活設計」>「給与」>「国家公務員給与」>「国家公務員の初任給の変遷」があり、
人事院が設置され、初めての国家公務員試験が行われた昭和24年以降の初任給が掲載されている。
http://www.jinji.go.jp/kyuuyo/kou/starting_salary.pdf ) 最終確認日 2016年2月25日
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貨弊.通貨  (337 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 物価の文化史事典 森永/卓郎?監修 甲賀忠一+制作部委員会?編 展望社 2008.7 337.821/B

2 値段の明治・大正・昭和風俗史 続 週刊朝日∥編 朝日新聞社 1981.10 337.821/NE/2
キーワード
(Keywords)
公務員
 初任給
 物価
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000190478解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!