このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アドミュージアム東京ライブラリー (4210008)管理番号
(Control number)
2005-0034
事例作成日
(Creation date)
2005年10月15日登録日時
(Registration date)
2006年06月16日 18時30分更新日時
(Last update)
2009年11月05日 12時13分
質問
(Question)
百貨店、ショッピングパークなどが行った2000年以降の販促事例を探している。
回答
(Answer)
販促事例が掲載された資料を提示。
回答プロセス
(Answering process)
※ここで言う販促事例とは、「販促物(広告)を見たい」というよりも「販促物(広告)+その事例を具体的に解説したものが見たい」という解釈をしている。
※資料をヒットさせる検索方法として(特に雑誌記事検索の場合)、キーワードに「百貨店」と入れるよりも、具体的な企業名(例:三越)で検索した方が見つけやすい。

上記をふまえた上で、下記の通り当館所蔵資料に参考となる資料を確認した。(2009.11月現在)

●請求記号:R155-NIH-2005
『広告効果測定ハンドブック実践編』(日本能率協会総合研究所 編、日本能率協会総合研究所 発行、2005)
→「株式会社東京ドームLaQuaラクーア」の事例あり。販促スケジュールから広告展開、キャラクター、ロゴなどの解説まで詳細。

●請求記号:R284.5-SAL-(1973~2005年版まで所蔵。2005年以降は発行中止のため未受入)
『セールス・キャンペーンケース&レポート』(チャネル・マネジメント 編、日本マーケティング研究所 発行)
→新聞広告を使って行われたキャンペーンを業種ごとに区分けして紹介している。百貨店の区分もあり。ただし、キャンペーンの概要(応募者数や期間、告知内容など)のみの記載。

●請求記号:Y262-KOM-1999
『ショッピングセンターにおける広告と戦略:平成11年度第33次助成研究報告大学院生の部』(小宮一高 著、吉田秀雄記念事業財団 発行、2000)
→匿名のA社B社という名称で、販促に関する担当者インタビューと事例の記載あり。

<雑誌>
●請求記号::R140-SEN-2006
『ブレーン:2006.1月号』(宣伝会議 発行、月刊)
→p.46~48に、大阪・心斎橋そごう本店のリニューアルオープン・キャンペーンについての記事あり。
  ポスターやCF、ショッピングバックなどを紹介している。

●『販促会議』(宣伝会議 発行、月刊)
→様々な販促事例を毎月紹介している。

●『宣伝会議』(宣伝会議 発行、月2回発行)
→「今月のキャンペーン・プレビュー」のコーナーに様々な企業の販促事例を紹介している。


近隣他館の所蔵状況から以下の資料を提示。
・『レジャー産業資料』2003年12月号(都立中央図書館)
→特集が販促。事例として京王百貨店の記載あり。

・『百貨店調査年鑑』(都立中央図書館)
→百貨店の基本統計も参考にしたいとの要望から紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
販売促進
百貨店(三越、高島屋、伊勢丹、京王、丸井、そごう、阪急、西武、東部、ルミネ等)
アミューズメントパーク(ららぽーと、イケア、コストコ等)
キャンペーン
デパート
PR
アウトレット
ショッピングモール
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
このレファレンス事例は、2005年に登録した内容に追記・訂正を加え、2009年に更新しています。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000029117解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!