このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アドミュージアム東京ライブラリー (4210008)管理番号
(Control number)
2005-0029
事例作成日
(Creation date)
2005年06月登録日時
(Registration date)
2006年06月16日 18時15分更新日時
(Last update)
2009年09月17日 14時50分
質問
(Question)
テレビ番組のジャンル別(報道、アニメ、スポーツなど)ごとに割り出した視聴率を調べている。
回答
(Answer)
下記当館所蔵資料に参考となる資料を確認した。(2009.9月現在)

●請求記号:R152-VID-(1999年版より所蔵)
『テレビ視聴率・広告の動向 テレビ調査白書』(ビデオ・リサーチ 発行)
→テレビ番組を15ジャンルに分けて、年間の放送分数、視聴率、視聴分数が、関東、関西など地区ごとに統計化されている。
  年鑑なので継続調査されている統計。

●請求記号:R154-VID
『ACR Special ACR30年特別レポート』(ビデオ・リサーチ 発行、2004)
p.82→好きなテレビ番組をジャンル別にランキングした統計が記載されている。2003年調査のもの。ただし、視聴率の掲載はなく年鑑でもないため単発調査になる。

※ビデオリサーチのHPによると、
「日本の放送エリアは全部で32ありますが、それぞれの放送エリアごとに視聴率調査が行なわれています。
ビデオリサーチでは、関東地区をはじめ全国27地区の調査エリアで、PMシステムによる調査とオンラインメータシステムによる調査を実施しています。(日本全国をひとつの調査エリアとした視聴率調査は実施していません)」
ということが分かった。
また、このHPには各放送エリアの視聴率調査データが一部公開されている。
→参考URL( http://www.videor.co.jp/index.htm
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
視聴率
照会先
(Institution or person inquired for advice)
ビデオリサーチHP/参考URL( http://www.videor.co.jp/index.htm
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
このレファレンス事例は、2005年に登録した内容に追記・訂正を加え、2009年に更新しています。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000029112解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!