このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
1007
事例作成日
(Creation date)
2017年05月19日登録日時
(Registration date)
2017年05月20日 11時28分更新日時
(Last update)
2020年11月08日 15時36分
質問
(Question)
津村耕司『宇宙はなぜ「暗い」のか?:オルバースのパラドックスと宇宙の姿』ベレ出版 という本を読んでいたところ、掲載写真に傷が入っていました。図書館から出版社に言ってもらえませんか。
回答
(Answer)
写真を提供したJAXAによると、観測されなかった部分が黒いスジ状になるとのことです。黒いスジ状が、傷に見えた部分です。出版社の印刷の問題ではありませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
現物を確認すると、質問者が気になったのはp128に掲載のモノクロ写真。「あかり」による遠赤外線での宇宙地図 提供:JAXA との記載あり。確かに写真に斜線が数本入っている。

JAXAのHPでも公開されていないか確認。書籍に掲載している元の写真と思われるカラー写真の掲載があった。
「高詳細な遠赤外線全天画像データを公開~赤外線天文衛星「あかり」の新しい観測データを研究者が利用可能に~ 」
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2015/0115_akari.shtml  

以下はHPより抜粋
~「あかり」の観測した全天の遠赤外線画像。青:90マイクロメートル、赤:140マイクロメートルの2色合成で示す。中央に水平に伸びるのが天の川。銀河系の中心領域を画像の中心にした360°の範囲を示す。Sの字状に薄く見えるのは、太陽系内の塵による光。「あかり」は全天の99%以上の領域を観測し、詳細な全天の遠赤外線地図を描き出した。観測されなかった残り1%未満の領域が画像中に黒いスジ状に見られる。色の青いほどより温かい星間物質、赤いほどより冷たい星間物質の存在を示す。星間物質が温かい領域ほど、そこでより多くの新しい星が生まれつつあることを示す。~

※URL最終確認日:2020.11.8
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
天文学.宇宙科学  (440)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000216404解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!