このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図実習2019-27
事例作成日
(Creation date)
2017年11月05日登録日時
(Registration date)
2019年09月20日 14時33分更新日時
(Last update)
2020年08月13日 16時25分
質問
(Question)
昭和14年の広島市街地図の牛田に「石風呂」と記載があるが,地元住民は誰も知らないので,本当に実在していたのか知りたい。
回答
(Answer)
参考資料1『瀬戸内海 No.45』【291.74/セト1/V.45】
 p.40-44 「瀬戸内海の民俗文化・2 石風呂とアマモ」印南敏秀
  p.40 「モブロ(藻風呂)は(略)熱気浴施設で,瀬戸内海沿岸ではイシブロ(石風呂)とよぶことがおおい.(略)浴室中で松葉や柴を燃やすので床も高熱になる.」
   牛田の「石風呂」に関する記述はなし。

参考資料2『東和町誌 資料編4 石風呂民俗誌 もう一つの入浴文化の系譜』【217.7/82ミ/3-4】
 p.440-446 瀬戸内の石風呂文献
  p.443  広島県の文献

参考資料3『牛田わが町紹介』【H291.1/ウシタ86】
 p.14 渡しに乗って石風呂に
  「三村さんの家は、広島でも数少ない石風呂屋を営み、その裏山に(水源地横の山ろく)遊園地、万寿園を開いていました。」
   石風呂の構造を書いた図あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
中国地方  (217 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『瀬戸内海 No.45』瀬戸内海環境保全協会,2006 (p.40-44 「石風呂とアマモ」印南敏秀)
2『東和町誌 資料編4 石風呂民俗誌 もう1つの入浴文化の系譜』山口県大島郡東和町,2002 (p.443 広島県の文献)
3『牛田わが町紹介』牛田ニュース,1986 (p.14 渡しに乗って石風呂に)
キーワード
(Keywords)
石風呂
広島市
牛田
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261589解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!