このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-010
事例作成日
(Creation date)
2020年04月22日登録日時
(Registration date)
2020年05月13日 10時26分更新日時
(Last update)
2020年06月19日 14時49分
質問
(Question)
諏訪大社春宮における移築以前の社務所の位置を知りたい。
回答
(Answer)
 社務所が現在の位置とは別の場所にあったこと、おおまかな位置については分かったが、境内図や年代、経緯、移築前の状況、増改築の推移は見つけられず。

<旧社務所の位置について>
・『下諏訪の歴史』
 現在の社務所の位置にあったとされる別当寺 観照寺についての記述に、「社務所はもと神楽殿の西のお庫の地にあり、その方に行く敷石だけは今ものこっている」(p.123)とあり。
 また、この寺のなくなった時期については「廃仏の直前に火災にあってなくなった」(p.123)とあり、諏訪神社の神宮寺を破却した明治元年(p.142)にはすでに存在していなかった。
(『諏訪大社』信濃毎日新聞社(p.32)にも、観照寺について「維新の直前に焼け、今ではそこに社務所がたっている」と記述がある)

・「諏訪大社下社春宮境内配置図」(『重要文化財諏訪大社下社春宮幣拝殿ほか六棟保存修理工事報告書』p.6)
 石鳥居から神楽殿へとつづく石畳が途中で分岐しており、その先に建物がない部分を確認できる。
(この敷石については「Google map」のストリートビュー画面【最終確認日2020/5/13】でも確認できる)

<調査依頼の2冊について>
・『官幣大社諏訪神社鑑』 山田肇著 諏訪神社奉賛会 1930【N174/41】
下社春宮境内に社務所が存在する旨の記述は確認できた(p.19)が、社務所の位置まではわからず。

・『信濃一ノ宮 官幣大社諏訪神社写真帖』 諏訪神社社務所編 諏訪神社社務所 1932【N174/14】
「官幣大社諏訪神社下社春宮下馬橋」とタイトルのついた下馬橋の写真の奥、鳥居の横に木造らしい建物があることは確認できるが、建物の様子まではわからず。
回答プロセス
(Answering process)
1.現在の社務所について確認する
「諏訪大社下社春宮 - 信濃國一之宮諏訪大社(公式サイト)」【最終確認2020/05/12】
社務所と思われる建物の写真あり。
・「諏訪大社下社春宮 境内ガイド」 下諏訪観光協会HP「諏訪大社下社 境内ガイド完成しました!」【最終確認 2020/5/13】
 社務所との記載はないが、社務所と思われる建物を確認できた。
・Google Mapでストリートビュー機能で境内内の写真を見ることができた。
・『諏訪大社』 三輪 磐根著 学生社 1978【N174/32】
 「下社春宮境内図」(p.82)で社務所が図示されていた。

2.依頼者指定の図書を確認する
・『官幣大社諏訪神社鑑』 山田肇著 諏訪神社奉賛会 1930【N174/41】
境内図、境内の様子が分かる絵、写真なし。
境内造営物として「社務所」と記述(p.19)も、位置を特定するに至らず。

・『信濃一ノ宮 官幣大社諏訪神社写真帖』 諏訪神社社務所編 諏訪神社社務所 1932【N174/14】
「官幣大社諏訪神社下社春宮下馬橋」とタイトルのついた下馬橋の写真あり。
下馬橋右側、樹木の奥に木造らしい建物を確認。しかし、建物の様子まではわからず。

3.諏訪大社下社春宮に関わる修復報告書をあたる
・『重要文化財諏訪大社下社春宮幣拝殿ほか六棟保存修理工事報告書』文化財建造物保存技術協会著編集 諏訪大社 2012【N521/217】
前述の境内図より詳細な「諏訪大社下社春宮境内配置図」(p.6)を確認するも、手がかりをつかめず。

4.郷土図書の諏訪大社が含まれる部分N174周辺をブラウジングする
・『諏訪大社』信濃毎日新聞社編 信濃毎日新聞社1980【N174/35】
「神社入り口の大鳥居の東つづきに別当職として観照寺があったが、維新の直前に焼け、今ではそこに社務所がたっている」(p.32)とあり。

5.観照寺について調べる
・『下諏訪の歴史』今井廣亀著 下諏訪町立博物館 1977【N241/76】
観照寺は下社春宮の別当寺(神宮寺は別にあり)であった。
「観照寺は今の社務所の敷地にあった(社務所はもと神楽殿の西のお庫の地にあり、その方に行く敷石だけは今ものこっている)」(p.123)とあり。

6.5の情報をもとに3の「諏訪大社下社春宮境内配置図」(p.6)を確認すると、該当の石畳が確認できた。
これは、「Google map」のストリートビュー画面でも確認できた。
事前調査事項
(Preliminary research)
・『神道大辞典』 臨川書店 1986
移築前と思われる配置図の記載あり。
・『信濃宝鑑 下巻』渡辺市太郎編 歴史図書社 1974(図版221)
明治3年12月と書かれた絵図あり。
NDC
信仰録.説教集  (174)
寺院.僧職  (185)
参考資料
(Reference materials)
今井廣亀 著 , 今井, 広亀. 下諏訪の歴史. 下諏訪町立博物館, 1977.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I077974259-00
信濃毎日新聞社 編 , 信濃毎日新聞社. 諏訪大社. 信濃毎日新聞社, 1980.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002069234-00
文化財建造物保存技術協会 編著 , 文化財建造物保存技術協会. 重要文化財諏訪大社下社春宮幣拝殿ほか六棟保存修理工事報告書. 諏訪大社, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023899935-00
キーワード
(Keywords)
諏訪大社
諏訪大社下社春宮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282052解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!