このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001012920
事例作成日
(Creation date)
2015/11/20登録日時
(Registration date)
2016年03月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月06日 00時30分
質問
(Question)
閏年あるいはその翌年に「年内立春」という現象が起きる、とインターネットで読みました。康正元年・二年の立春はそれぞれ何月何日だったのでしょうか。そして、それぞれの暦上の春の期間は何月何日までだったのでしょうか。
回答
(Answer)
まず、次の資料で確認しました。
『現代こよみ読み解き事典』(岡田芳朗/編著 柏書房 1993.3) 当館請求記号【449.3/6N/(2)】(貸出不可)
p.30 「二十四節気の節は、気候の始まりに配されていることに注目したい。春は立春より、夏は立夏より、秋は立秋より、冬は立冬より始まる」とあることから、ご質問の「暦上の春の期間」を「立春から立夏の前日まで」と考えて調査しました。

『日本暦日便覧 下 暦日表篇(増補)』(湯浅吉美/編 汲古書院 1990.2)当館請求記号【449.8/1N】(貸出不可)
p.780-781 
康正元年/正・12(立春)、4・14(立夏)、12・22(立春)
康正2年/3・25(立夏)
※康生元年は西暦1455年、2年は1456年です。

以上の記述から、康正元年は1月12日が立春、それ以降4月13日までが春、また、12月22日も立春。それ以降康正2年の3月24日までが「暦上の春の期間」だったことになります。なお、康正2年には立春の記載がありませんでした。

念のため、『日本暦日原典』(内田正男/編著 雄山閣 1975)【449.3/2】(個人貸出不可)でも調査しました。
p.350 康生元年
数字をもとに計算したところ、1月12日が立春、4月14日が立夏、12月22日が立春になりました。
p.351 康生2年
そもそも「立春」がなく、数字をもとに計算したところ、3月25日が立夏になりました。

[事例作成日: 2015年11月20日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449 8版)
参考資料
(Reference materials)
現代こよみ読み解き事典 岡田/芳朗∥編著 柏書房 1993.3 (30)
日本暦日便覧 下 増補 湯浅/吉美∥編 汲古書院 1990.2 (780-781)
日本暦日原典 内田/正男∥編著 雄山閣 1975 (350-351)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000188935解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!