このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2019-0038
事例作成日
(Creation date)
2020/01/08登録日時
(Registration date)
2020年02月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年02月05日 00時30分
質問
(Question)
官選について調べています。
官選の滋賀県副知事を確認できる資料があるか、知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県沿革誌』の記述から、数名の名前が確認できました。
だたし、当時の副知事に相当する職にあった人物名を一覧できる資料はありませんでした。

 まず、副知事という役職は、『地方自治百年史 第1巻』の「地方自治法の制定と第一回統一地方選挙」の項に、「都道府県知事の補佐機関として、新たに副知事を置く」とあり、職名としての副知事は、戦後の地方自治法制定時に初めて規定されました。
 すなわち、副知事は地方長官が民選化されたのちに置かれた職であると考えられます。
 それ以前の官選の時代において、副知事に相当する役職としては、参事・権参事や(大・少)書記官などがあります。

 『滋賀県議会史 第1巻』と『滋賀県史 第4巻 最近世』の記述を基にまとめますと、下記のようになります。

 参事・権参事は、廃藩置県の直後に置かれた職です。明治4年(1871年)に制定された府県官制により設置され、同年の県治条例においてその職務が、「令(官選知事のこと)につぎ、令を扶けて内部の庶務を参判し、令が出張または欠官の場合には、その職掌を一切代行する権利が与えられている。」と定められました。

 その後、明治11年(1878年)に制定された府県官職制では、参事・権参事が廃され、知事の下に大・少書記官のうちいずれか一員をおくことが定められました。
この大・少書記官は明治19年(1886年)に地方官官制が制定されると、書記官に統一され、その後も地方官官制の改正に伴って書記官・参事官と細分化されたり、員数の増減、事務官への統合等の変化がありますが、次第に参事・権参事のような「知事の代理」としての性格は薄れていくようです。
 なお、書記官および参事官の職務について『滋賀県史 第4巻 最近世』では、「廳務の分掌は知事官房・内務部・警察部・直税署・関税署及監獄署に分れ、書記官は内務部長、(中略)となり、各部下を督して其の事務を處理し、參事官は知事の諮詢に應じて意見を具申し、又審査案を掌り内務部の係長となり、又臨時部下の事務を補助する者とした。」とされています。

 『滋賀県沿革誌』には、年代順に人事記録が記載されており、これを辿ることで人名を確認することができます。
しかしながら、滋賀県における参事・権参事や書記官について、歴代の人名を一覧できる資料はありませんでした。

  『滋賀県沿革誌』によると、たとえば、(明治)四年の十一月廿三(23)日の項には、松田道之が大津(のちの滋賀)県令に任ぜられると同時に、「榊原豐ヲ參事ニ桑田安定ヲ權參事ニ任セラル」とあります。
続いて(明治)六年の八月十二日の項には、「權參事籠手田(桑田ヲ籠手田ト改ム)安定參事ニ陞任セラル」とあり、さらに(明治)八年の三月十四日には「權少屬酒井明ヲ權參事ニ陞任セラル」、(明治)十年一月の二十日には「酒井明ヲ本縣大書記官ニ任セラル」とあります。
最後の明治10年の大書記官任用の記述は、上記の地方官職制制定(明治11年)と前後しますが、元資料の日付ママとなります。
この後も県人事の記録は続いていますので、『滋賀県沿革誌』の収録範囲である(明治)四十二年末までの参事・権参事、書記官等の名前はこの資料で確認することができると思われます。しかし、これ以降~昭和22年(1947年)の地方自治法制定の期間の人事を辿ることのできる資料はありませんでした。

 なお、官選も含めた歴代県知事および、地方自治法制定後の副知事の一覧については、滋賀県HPの「歴代の滋賀県知事・副知事・出納長」のページで確認することができます。( https://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/chizi/rekidai/ (2019年11月10日確認))
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 地方自治百年史 第1巻 地方自治百年史編集委員会∥編集 地方自治法施行四十周年・自治制公布百年記 1992年 2-3182-1 p.82、p.190-192、p.228

2 滋賀県議会史 第1巻 滋賀県議会史編さん委員会∥編さん 滋賀県議会 1971年 5-3100-1 p.24-27、p.107-111

3 滋賀県史 第4巻 最近世 滋賀県∥編 名著出版 1971年 5-2100-4 p.80-92

4 滋賀縣沿革誌 滋賀縣∥編 滋賀縣 1911年 S-3100- 11
キーワード
(Keywords)
官選知事
副知事
滋賀県
参事
権参事
(大・少)書記官
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000273617解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!