このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-302
事例作成日
(Creation date)
2014年07月04日登録日時
(Registration date)
2015年03月31日 15時44分更新日時
(Last update)
2019年11月27日 11時10分
質問
(Question)
明治20(1887)年頃の京都府の判任官十等の月俸を知りたい。
回答
(Answer)
明治18年から22年の「官員進退綴」によると、明治20年頃の京都府の判任官十等の月俸は8円から10円の間とされる。
回答プロセス
(Answering process)
1.『京都府職員録』『京都府官員録』を調べたところ、京都府職員の俸給は明治27年以降にしか記載されていなかった。

2.行政文書の「官員進退綴」にも俸給が記されていることから、明治18年から22年までの簿冊を調べたところ、判任官十等に当たる人物とその月俸が記載されていた。

3.参考までに、国の判任官の俸給を確認するため『内閣制度九十年資料集』を調べたところ、p436~437に記載されている明治19年に国から出された「判任官官等俸給令」(明治19年4月30日勅令第36号)に、判任官十等の月俸は12円とあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
『京都府官員録』 京都府編 中西嘉助 1894年 図書請求記号:MK0S||281.36||KY6
「官員進退綴」 行政文書簿冊番号:明18-11、明18-12、明19-7、明20-5、明21-12、明22-11
『内閣制度九十年資料集』 内閣官房編集 大蔵省印刷局 1976年 図書請求記号:M||317.2||N28
キーワード
(Keywords)
判任官
俸給
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000170198解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!