このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-190
事例作成日
(Creation date)
2011/11/25登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時06分更新日時
(Last update)
2019年12月12日 09時15分
質問
(Question)
明治22年3月の京都府告示第24号で、京都の地名表記に使われる「上ル下ル」が定められたときいた。この告示が、京都における「上ル下ル」を定めた最古のものか知りたい。
回答
(Answer)
京都府告示第24号については、『京都府府令達要約』(明治22第10編下巻)のp227~228に記載されている。その記述によると、住所の記載方法を「京都市何区何通何小路何町上ル下ル又は東入西入何町何番戸」と定めるとしている。また、『京都市市町村編入の町名総覧』のp15によると、「この通達によって京都市の町名の呼び方が決定され」たとあり、同資料のp10~21「字・町名改称の沿革」には、他に「上ル下ル」について定めたものは記載されていないため、同資料によると告示第24号が最初のものとされる。
回答プロセス
(Answering process)
1.京都府の定めた告示・府令・通達等が記載されている資料を調べた。

2.京都の町名変遷に関する資料を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
『京都府府令達要約』(明治22第10編下巻) 京都府内務部第一課編 京都府 1891 355p (当館請求記号MK0/318.1/Ky6/10-2)
『京都市市町村編入の町名総覧』 京都市理財局財務部財産監理課編刊  1999 372p (当館請求記号K1/318.12/Ky6)
キーワード
(Keywords)
上ル下ル
京都府告示第24号
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000098425解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!