このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000897
事例作成日
(Creation date)
2016/12/12登録日時
(Registration date)
2016年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月04日 14時48分
質問
(Question)
お金の1貫文について、現在のお金に換算するとどれ位の価値があるのかを知りたい。
回答
(Answer)
米1升(約1.5kg)が1貫文の価値に相当した。
円銭厘勘定を導入した1872(明治5)年、1貫文は2銭(0.02円)。
1883(明治16)年の米1升は、7銭3厘。

※米の価値は時代とともに変わるので、消費者物価指数で比べるのが適当だが、消費者物価指数は戦後のデータしかない。
企業物価戦前基準指数なら、明治34年からある。
→ 明治34年の1円は、平成26年では約1568倍の価値がある。

※1円=100銭=50貫文
1銭=10厘
1貫文=1000鳩目銭(1文銭20枚)


『琉球の歴史』(東恩納 寛惇 著、至文堂、1966.11)
p160 「新家譜を賜わるほどの大功は大抵献金に限られていた。…この慣例は、近世尚育時代からのことで、その金額は、一階昇格は十六万貫文(三千二百円)、二階昇格は三十二万貫文(六千四百円)であった。」の記述がある。
→ 1貫文は2銭(0.02円)で計算している。
p161 「貫分勘定は琉目(りゅうめ)と唱えて、鳩目銭勘定で一貫文が普通銅銭の二十文、金の二銭に当る。米一升が一貫文の常価であった…」の記述がある。


『東恩納寛惇全集 4』(東恩納 寛惇 著、第一書房、1979.4)
p1-58 「南島通貨志の研究」で、p39-41 「鳩目銭と云う名称」の項目、「鳩目銭・鳩目分又は単に鳩目と呼ばれる小銭は、近年まで琉球で行われ、銭貨計算の基本となったもので、これを基本とした独特の琉目(リウメ)と唱えた。」の記述がある。
p44 「鳩の目の値」の項目で、「鳩目銭 三三三三文 - 銀一匁、 京銭 六六・六文 - 銀一匁、京銭 - 鳩目銭五〇」の記述がある。
p73-79 「琉目」の項目で、「一里 五十文、一銭 五百文、一円 五十貫文」の記述がある。
→ 1貫文は2銭(0.02円)、1872(明治5)年
→ 円が導入されたのは、1871.5.10「新貨条例」


『戦後沖縄通貨変遷史』(山内 昌尚 著、琉球新報社、2004.4)
p62-63 「琉球王国時代の銭貨」の項目で、「鳩目銭 1000枚(1貫)=1文銭 20枚=2銭」の記述がある。
p64-65 「琉球王国時代の通貨」の項目で、「明治5年(1872)9月、明治天皇より尚泰王に「琉球藩王トナシ叙シテ華族ニ列スル」の勅令が下った。琉球藩にあらためて新貨3万円(金、銀貨、紙幣)を交付した。円銭厘勘定十貫文勘定=琉球独自の貫文勘定の採用である。1厘=50文(鳩目銭)、2厘=100文、1銭=500文、2銭=1貫(千文)などであった。」の記述がある。


『沖縄県統計書 明治16年』(沖縄県第一部庶務課 [編]、沖縄県、[1888(明治21)-1889(明治22).3序])
「第一〇〇 重ナル物品ノ相場」で、「那覇の内地産米 一石 七三一〇厘」の記述がある。
→ 明治16年の米1升は、7銭3厘。

インターネット上の情報(2016.12.12現在)
日本銀行金融研究所貨幣博物館
http://www.boj.or.jp/announcements/koho_nichigin/backnumber/data/nichigin19-7.pdf
円が導入されたのは、1871.5.10 新貨条例

日本銀行
今のお金に換算するとどの位になりますか?
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/j12.htm/
企業物価戦前基準指数 明治34年 0.469、平成26年 735.4
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貨弊.通貨  (337 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 琉球の歴史 東恩納 寛惇∥著 至文堂 1966.11 K201/H55 p158-161
2 東恩納寛惇全集 4 東恩納 寛惇∥著 琉球新報社∥編 第一書房 1979.4 K08/H55/4 p1-58
3 戦後沖縄通貨変遷史 山内/昌尚∥著 琉球新報社 2004.4 K337/Y46 p62-65
4 沖縄県統計書 明治16年 沖縄県第一部庶務課∥[編] 沖縄県 [1888(明治21)-1889(明治22).3序] K35/O52
キーワード
(Keywords)
貨幣価値
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000203450解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!