このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
昭和女子大学図書館 (3310028)管理番号
(Control number)
H18-81
事例作成日
(Creation date)
2007/01/13登録日時
(Registration date)
2011年04月01日 02時03分更新日時
(Last update)
2011年04月01日 02時03分
質問
(Question)
琴の爪について、用語、使い方、各部の名称、材質が知りたい。
回答
(Answer)
和琴→日本の古代の琴。『琴軋(ことさぎ)』という爪を持って弾きます。べっ甲、または水牛の角製です。
楽筝→雅楽で使用される「琴」。爪(つめ)、または懸爪(かけづめ)と呼ばれる爪をはめます。竹を爪とし、指にはめるワクは和紙の上に革(鹿、豚、牛)を重ねて作られています。また、鹿革の上に牛革を重ねたりもします。銀色で塗装されます。
筝→一般的な「琴」。爪(つめ)を指にはめます。爪は象牙製が多く、ワクは猫革が多いそうです。生田流は角爪、山田流は丸爪を使用します。
回答プロセス
(Answering process)
768//Nih/4『日本の音』
768.2/Osh『雅楽への招待』
R768/Tan『邦楽用語辞典』
R768/Ono『雅楽事典』P100
768/Iba『日本音楽概論』P361、P376
768.1/Koj『図説 日本の楽器』P158-159
768.1/Tan『日本の楽器』
768//Nih/4『日本の音』
768.2/Osh『雅楽への招待』
R768/Tan『邦楽用語辞典』
R768/Ono『雅楽事典』P100
768/Iba『日本音楽概論』P361、P376
768.1/Koj『図説 日本の楽器』P158-159
事前調査事項
(Preliminary research)
開架の資料
NDC
邦楽  (768 9版)
参考資料
(Reference materials)
768//Nih/4『日本の音』
768.2/Osh『雅楽への招待』
R768/Tan『邦楽用語辞典』
R768/Ono『雅楽事典』P100
768/Iba『日本音楽概論』P361、P376
768.1/Koj『図説 日本の楽器』P158-159
キーワード
(Keywords)
琴爪
雅楽
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教職員
登録番号
(Registration number)
1000084049解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!