このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
桐朋学園大学附属図書館 (3310008)管理番号
(Control number)
R00-284
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2019年05月28日 11時24分更新日時
(Last update)
2020年06月22日 14時41分
質問
(Question)
クープランのピアノ譜で、全音符に長いスラーやタイのような記号が付されているのを見た。名称と意味を知りたい。
回答
(Answer)
ニューグローヴ世界音楽大事典では「プレリュード・ノン・ムジュレ」、Grove Music Online (Oxford Music Online)では「prelude non mesure」の項目に説明がある。
回答プロセス
(Answering process)
1.実際の楽譜を確認。
  曲はルイ・クープランLouis Couperinの《Prélude à l'imitation de Mr. Froberger》

2.ニューグローヴ世界音楽大事典の「ルイ・クープラン」の項目を確認。
  「・・・プレリュードと見なされる16曲のうちの12曲は、小節線なしのプレリュードである。・・・」の記述があったが、名称は記載されていなかった。

3.Grove Music Online (Oxford Music Online)の 「Louis Couperin」の項目を確認。
   内容は2の日本語版と同じだが、「preludes non mesures」とイタリックで名称の記述があった。

4.ニューグローヴ世界音楽大事典「プレリュード・ノン・ムジュレ」の項目を確認。
  「17世紀のクラヴサンのためのプレリュードのなかで、通常のリズム、拍子の指示を持たない楽曲を特に指す用語」と定義されている。また説明の中に、「ルイ・クープランの創案した非計量的記譜法は、基本的に一連のスラーのついた全音符から成っている。」との記載。
Grove Music Online (Oxford Music Online)の「prelude non mesure」の項目も同様の説明あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
楽器.器楽  (763 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ルイ・クープラン Louis Couperin
プレリュード・ノン・ムジュレ prelude non mesure
楽譜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000256428解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!