このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014136
事例作成日
(Creation date)
2014年12月21日登録日時
(Registration date)
2014年12月22日 09時55分更新日時
(Last update)
2020年02月19日 14時28分
質問
(Question)
川端康成の『山の音』の中の「春の鐘」冒頭に出てくる「仏都700年祭」というのはどういうお祭りで、実際にあったのか。
回答
(Answer)
仏都700年祭は、昭和27年4月1日~10月末にかけて、日蓮上人開教700年並びに鎌倉大仏建立700年を記念して、鎌倉で仏教界をあげて行われたお祭りです。

市の観光事業に大きな役割を果たすため、鎌倉市が主催としてこれを統合しました。

『山の音』の「春の鐘」冒頭でふれられている鐘の音については、この行事の中の「百万人の鐘撞き」のものと思われます。
「百万人の鐘撞き」は、祭りの期間中に、平和の祈りと戦没者慰霊のため、円覚寺、建長寺の国宝の鐘と、長谷観音、本覚寺の名鐘をつくものでした。
回答プロセス
(Answering process)
①700年?1192から700年だと明治だけど…と思いつつ、『山の音』を確認

②『川端康成全作品研究辞典』で『山の音』を見ると、戦後の鎌倉が舞台のようだ。明治ではない。

③「仏都」で郷土資料を全文検索
『鎌倉大観」の中に「仏都七百年史蹟写真」がある。この本が1953年出版なので、この頃にあった出来事だとわかる。

④『鎌倉近現代史年表稿』で昭和26~28年あたりを見る。昭和27年4月に仏都700年祭あり。
出典は「鎌倉タイムス」とある。

⑤該当の「鎌倉タイムス」を見る。
「佛都七百年祭り 盛沢山な行事決定」として 鎌倉タイムス第9号(昭和27年3月20日号)2面にあり
「春の鐘」に出てくる「百万人の鐘つき」は円覚寺、建長寺、長谷観音、本覚寺で行われた。(鎌倉タイムス第10号 2面)

⑥当時の広報かまくらを見る 昭和27年3月31日号1面に「かまくら仏都700年祭り」あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071 8版)
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
「鎌倉広報 第6号」(昭和27年3月31日号) 鎌倉市役所 【K1 318.5】
「旬刊 鎌倉タイムス 9号」(昭和27年3月20日号) 豊島健志/編集発行 【K1 071】
「旬刊 鎌倉タイムス 10号」(昭和27年3月31日号) 豊島健志/編集発行 【K1 071】
『鎌倉近現代史年表稿 明治・大正・昭和・平成』 小坂宣雄 2010 【210.6】
『川端康成全作品研究事典』 羽鳥徹哉 勉誠出版 1998 【910.26 カ】
『川端康成全集 第十二巻』 川端康成 新潮社 昭和55 【918.6 カ】
P394 春の鐘
キーワード
(Keywords)
山の音
春の鐘
仏都700年祭
仏都七百年
百万人の鐘撞き
川端康成
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000165238解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!