このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-073
事例作成日
(Creation date)
2011年07月10日登録日時
(Registration date)
2011年09月20日 12時20分更新日時
(Last update)
2012年03月30日 11時52分
質問
(Question)
南方熊楠と弟子の小畔四郎の往復書簡に出てくる「ムサシミツミネ」とは埼玉県の三峰山のことだと思われる。昭和初期頃の地図や資料に「ムサシミツミネ(武蔵三峰(峯))」の表記で載っているものがあるか。(出典:「熊楠研究」熊楠顕彰会 2000)
回答
(Answer)
以下の資料に、「武蔵三峯」「武蔵三ツ峯」の記述があり、紹介した。
これらの資料では、「ムサシミツミネ」に限らず、大まかな国名+地名という表記が使われているようである。
(例)「紀伊田辺」「紀伊坂泰官林」「紀伊安堵峯」「紀伊稲成村」「朝鮮釜山」「北海道小樽」「東京芝公園」「豊前門司」など。

『大博物学者:南方熊楠の生涯』(平野威馬雄著 リブロポート 1982)
p198「大正十五年十一月 献進粘菌目録」に「大正13.10 武蔵三ツ峯 小畔四郎」とあり。
p267「72 D. Koazei MINAKATA in litt. 武蔵三峯 小畔」の記述あり。

『南方熊楠書簡抄 宮武省三宛』(笠井清編 吉川弘文館 1988)
p120-121「52 昭和3年10月29日付封書」に、「武蔵国三峰」の記述あり。

『南方熊楠:人と学問』(笠井清著 吉川弘文館 1980)
p55 資料(進献表)より抽出された小畔四郎が粘菌採集を行った場所の記載あり。
大正13年10月の列記に「武蔵三ケ峯。」と記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
地名事典等を調査する。
『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1980)
『新日本地名索引 1 五十音篇』(金井弘夫編 アボック社出版局 1994)
『日本列島大地図館 テクノアトラス』(小学館 1996)

《読売新聞記事データベース「ヨミダス歴史館・明治大正昭和」》で〈三峰〉を検索する。
(三ツ峯、三峯はヒットせず)
「雪ごもり 三峰山に参詣の100余人、ふもとに下れず」(掲載日 1884.02.13)の記事あり。表記は「武州三峯山」。
このほかヒットした記事に「ムサシミツミネ」の記述は見あたらず。

武蔵国の絵図を見る(埼玉県立図書館デジタルライブラリーより)
〈三峯山〉はあるが、「ムサシミツミネ」の記述は見られず。 
「秩父札所順礼神社仏閣古跡独案内」(〔菊水寺〕[18--])
「武蔵国全図」(菊池武辰著 橋本玉蘭画図 長嶌為一郎 〔安政3年(1856)〕)
「武蔵国全図」(下野屋理兵衛図 下野屋理兵衛 〔江戸末期〕)
「武蔵国独案内図」(大黒屋長右衛門 〔江戸後期〕)
「武蔵野国道案内」(大黒屋長右衛門 〔江戸中期〕)

その他の調査済資料は、以下のとおり。
『明治前期関東平野地誌図集成 1880(明治13)年-1886(明治19)年』(地図資料編纂会編集 柏書房 1989)
『三峰山』(三峰神社誌編纂室編 大滝村 三峰神社社務所 1965)
『三峰神社誌 講社篇、民俗編)』(三峰神社誌編纂室編 三峰神社社務所)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大博物学者:南方熊楠の生涯』(平野威馬雄著 リブロポート 1982)
『南方熊楠書簡抄 宮武省三宛』(笠井清編 吉川弘文館 1988)
『南方熊楠:人と学問』(笠井清著 吉川弘文館 1980)
キーワード
(Keywords)
三峰山-埼玉県
南方 熊楠(ミナカタ クマグス)
小畔 四郎(コアゼ シロウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000091149解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!