このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-070
事例作成日
(Creation date)
2011年07月10日登録日時
(Registration date)
2011年09月20日 11時19分更新日時
(Last update)
2011年12月08日 17時22分
質問
(Question)
昭和7年頃にあった熊谷町大字肥塚は、現在も存在するか知りたい。
回答
(Answer)
〈肥塚〉の地名は、現在も熊谷市肥塚などに残っている。関連記述のあった、以下の資料を紹介した。

『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1980)
p355〔近代〕肥塚村 明治22年~大正12年の大里郡の自治体名。もとは江戸期の肥塚村。大字はなし。大正12年熊谷町に合併。同町の大字となる。
p355〔近代〕肥塚  大正12年~現在の大字名。はじめ熊谷町、昭和8年からは熊谷市の現行大字。
p1036 肥塚(熊谷市現行行政地名)

『埼玉県の地名 日本歴史地名大系 11』(平凡社 1993)
p845 肥塚村(現)熊谷市肥塚・箱田1-5丁目・円光1-2丁目

『埼玉県市町村誌 13』(埼玉県地域総合調査会〔編〕 埼玉県教育委員会 1978)
p95「明治初期以降の市町村分合表」に、肥塚村から大里郡熊谷町への合併を示す記述あり(大正12.4.1)。
p94「区域変更」やp100「字の廃止および区域の変更ならびに町の設置」に肥塚地区の記載はなし。

『肥塚の今昔』(高木幹雄編 肥塚公民館 1970)
折り込み図:肥塚略図1/12000(おおまかな番地の記載あり)

『ゼンリンの住宅地図 熊谷市 1979』(日本住宅地図出版 1979)
目次に、肥塚の番地103~1800まであり。

『熊谷の地名と旧跡(市内の文化財をめぐる9)』(熊谷市立図書館美術郷土係編 熊谷市立図書館 1993)
p147[平成3年]7月1日に大原1-4丁目 円光1-2丁目が誕生 大字熊谷・大字肥塚・大字原島・大字石原の一部で住居表示を実施との記述あり。

『熊谷の合併の変遷 大きくなった熊谷市』(熊谷市立図書館美術・郷土係編集 熊谷市立図書館 2004)
p13、p35-37に大正12年4月1日の合併の経緯について記述あり。

『市報くまがや 2001年11月号』(熊谷市 2001.11)
p13に住居表示実施のお知らせあり、「箱田6-7丁目、中央4-5丁目、肥塚1-3丁目が誕生 11月12日(月)から住居表示を実施」という記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1980)
『埼玉県の地名 日本歴史地名大系 11』(平凡社 1993)
『埼玉県市町村誌 13』(埼玉県地域総合調査会〔編〕 埼玉県教育委員会 1978)
『肥塚の今昔』(高木幹雄編 肥塚公民館 1970)
『ゼンリンの住宅地図 熊谷市 1979』(日本住宅地図出版 1979)
『熊谷の地名と旧跡(市内の文化財をめぐる9)』(熊谷市立図書館美術郷土係編 熊谷市立図書館 1993)
『熊谷の合併の変遷 大きくなった熊谷市』(熊谷市立図書館美術・郷土係編集 熊谷市立図書館 2004)
『市報くまがや 2001年11月号』(熊谷市 2001.11)
キーワード
(Keywords)
市町村合併-埼玉県
熊谷市-地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000091145解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!