このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006755
事例作成日
(Creation date)
2010年09月04日登録日時
(Registration date)
2010年11月26日 17時44分更新日時
(Last update)
2010年11月26日 17時44分
質問
(Question)
辞書などは背が丸くなっているが、どのような理由で丸く作られているのか。
回答
(Answer)
洋装本の上製本には、丸背と角背があり、角背は使っているうちに小口が出て、平らな背がへこんでしまう。この欠点を補い、美観を持たせることを主眼にしたのが丸背である。
回答プロセス
(Answering process)
自館システムで件名「製本」を検索し、ヒットした資料から参考になりそうなものをピックアップして確認。
・『手づくり製本術:自装本を楽しむ(日曜日の遊び方)』(岩崎博著 雄鶏社 1994年)p30には、丸背の種類別(フレキシブルバック、タイトバック、ホローバック)の説明はあるが、丸背の特徴などは書かれていない。
・『本のつくり方:和本 洋本 帙 函』(池上幸二郎著 主婦と生活社 1979年)には、角背、丸背について説明があり、角背は使っているうちに小口が出て、平らな背がへこんでしまうため、この欠点を補い、美観を持たせることを主眼にしたのが丸背であることが書かれている。
・『はじめての手製本:製本屋さんが教える本のつくりかた』(美篶堂/著 美術出版社 2009年)、『西洋製本図鑑』(ジュゼップ・カンブラス著 雄松堂出版 2008年)には、関連の記述はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写本.刊本.造本  (022 9版)
参考資料
(Reference materials)
『本のつくり方:和本 洋本 帙 函』(池上幸二郎著 主婦と生活社 1979年) (p81)
キーワード
(Keywords)
製本
洋装本
丸背
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
出版・読書
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000074217解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!