このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-2000-049
事例作成日
(Creation date)
2000/11/15登録日時
(Registration date)
2006年10月28日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年12月27日 09時36分
質問
(Question)
池大雅と与謝蕪村による国宝「十便十宜」に書かれた漢詩の字面と意味が知りたい。李漁(明末清初の人)という人が書いたらしい。
回答
(Answer)
『江戸名作画帖全集 1 文人画1 大雅・蕪村・木米』に〈十便十宜画〉すべての画と言葉の活字、書き下し文と意味があり。
回答プロセス
(Answering process)
インターネット《Google》で〈十便十宜口解釈〉を検索すると、ぺりかん社のホームページに関連事項あり。雑誌「江戸文学 17 文人画と漢詩文」に「対談・『十便十宜図』を読む」(小林忠 徳田武:県内公共図蔵)が収録されており、一部に読み下しと解釈あり。
小林忠から検索すると『江戸名作画帖全集 1 文人画(1)大雅・蕪村・木米』に〈十便十宜画〉すべての画と言葉の活字、書き下し文と意味が収録されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
「日本美術絵画全集 18(池大雅)・19(与謝蕪村)」によると、李笠翁(李漁)が自分の別荘である伊園での生活の便宜について詠じた「伊園重縁十二宜詩」を主題にして池大雅が十便帖を、蕪村が十二宜のうち十宜を書いたものとあり。
NDC
詩歌.韻文.詩文  (921 9版)
芸術政策.文化財  (709 9版)
叢書.全集.選集  (080 9版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸名作画帖全集 1 文人画1 大雅・蕪村・木米』(駸々堂出版 1992)
キーワード
(Keywords)
漢詩-評釈
池 大雅(イケノ タイガ)
与謝 蕪村(ヨサ ブソン)
国宝
全集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000031255解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!