このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2005-010
事例作成日
(Creation date)
2005/05/18登録日時
(Registration date)
2005年08月05日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年02月25日 16時03分
質問
(Question)
徳川家康自筆といわれる「御遺訓」の全文を知りたい。
回答
(Answer)
『日本教育文庫 1 家訓編』、及び『近世武家教育思想 家訓・訓誡』に「東照宮御遺訓」「東照宮御遺訓附録」が収録されている。これを提供する。
回答プロセス
(Answering process)
『国史大辞典』の〈徳川家康〉から〈東照宮〉を参照すると、〈東照宮御遺訓〉の項目があり、『日本教育文庫』が紹介されている。
『国書総目録』で確認すると、活字版として『日本教育文庫』と『久能山東照宮宝物解題附録』(大正4)があげられており、写本は国会図ほか所蔵。
質問の出典資料を見ると、「人の一生は重荷を負ひて遠き道をゆくが如し」で始まる一文が掲載されているが、『国史大辞典』によれば、これは「徳川光圀作として伝えられていた『人のいましめ』の教訓文を、幕末期に一部改め、『東照宮御遺訓』と改題して民間に流布せしめ、今日に至ったものである。」とのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:「日本を創った人びと 16 徳川家康」に写真が掲載されているが、伝家康遺訓が日光東照宮にあるとのこと。
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本思想  (121 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本教育文庫 1 家訓編』(日本図書センター 1977)
『近世武家教育思想 1 家訓・訓誡』(日本図書センター 1979)
キーワード
(Keywords)
徳川 家康(トクガワ イエヤス)
遺訓
武家-教育-江戸時代
思想-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例
管理番号「埼久-1993-078」が類似の調査事例である。ほか多数の調査事例あり。
「相橋-H20-021」(相模原市立橋本図書館)「OSPR05110246」(大阪府立中央図書館)「岐県図-0716」(岐阜県図書館)「H9-5」(昭和女子大学図書館)「9000004166」(山梨県立図書館)「9000000774」(山梨県立図書館)などの一般公開事例があり。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000023422解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!