このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-70-2016-009
事例作成日
(Creation date)
2009年05月21日登録日時
(Registration date)
2009年05月22日 00時17分更新日時
(Last update)
2017年03月16日 10時25分
質問
(Question)
千里ニュータウン(大阪府)の町名(○○台)の由来を知りたい。
回答
(Answer)
吹田市町名地番整備審議会で町名案を審議、その後議会の議決を経て決定。昭和37年から順々に決定された。

高野台(たかのだい) 地形が高い原野であったところから
佐竹台(さたけだい) 大字佐井寺が90%以上を占め、その区域のほとんどが竹林であったところから
津雲台(つくもだい) 大字山田上に九十九(つくも)という小字があり、また大字山田中にも九十九、南九十九という地名があって語調もよいことから
古江台(ふるえだい) 小字で古江という字名があることから
藤白台(ふじしろだい) 小字で藤白(とうじろ)という字名があり、代表的小字名であったところから
青山台(あおやまだい) 青葉が繁っていて自然公園的であり、また町名にふさわしい小字名もなかったところから
桃山台(ももやまだい) 桃の栽培地であり、また町名にふさわしい小字名もなかったので、当初「南桃源台」として審議会に諮られた。審議会で町名として好ましくないとされ、再度検討された結果「桃山台」となった。
竹見台(たけみだい) 「北桃源台」として審議会に諮られたが、「桃山台」同様再度検討され、竹の子の産地で知られていたのでその名がつけられた。
回答プロセス
(Answering process)
千里ニュータウンは吹田市と豊中市両市にまたがるが、「○○台」の地名がついているのは吹田市のみ。
『千里ニュータウンの建設』(大阪府/編集 大阪府 1970)231p~233p に町名設定の記載があり、「語尾に台をつけたのは丘陵地であること、台のつく町名は千里ニュータウンであることをすぐわからせることができるから」とある。

『住居表示整備事業の概要』(吹田市 [1987])58pに「千里ニュータウン町名の由来」があり、一覧で由来を見ることが出来る。また、30年にわたる住居表示整備事業のあらましが記録されている。
『わたしたちの町』(吹田市立図書館(製作))この本は「市報すいたNo.422~459」(昭和54年10月25日~昭和56年6月10日号)に連載されたものを複写、製本したもの。〈23〉佐竹台、高野台かいわい、〈24〉古江台、津雲台かいわい、〈25〉青山台、藤白台かいわい、〈26〉桃山台、竹見台かいわい に由来を簡単に紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
大阪府. 千里ニュータウンの建設. 大阪府, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001149964-00
住居表示整備事業の概要. 吹田市, [1987].
わたしたちの町. 吹田市立図書館(製作), 0000.
キーワード
(Keywords)
千里ニュータウン(せんりニュータウン)
吹田市(すいたし)
大阪府(おおさかふ)
高野台(たかのだい)
佐竹台(さたけだい)
津雲台(つくもだい)
古江台(ふるえだい)
藤白台(ふじしろだい)
青山台(あおやまだい)
桃山台(ももやまだい)
竹見台(たけみだい)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000055051解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!