このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212013
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20160723-3
事例作成日
(Creation date)
2016年07月23日登録日時
(Registration date)
2017年03月16日 10時06分更新日時
(Last update)
2017年03月22日 17時36分
質問
(Question)
豊原寺について
1 調査報告書などで本堂・坊名などを記した詳しい図面が載っていないか。
2 丸岡城築城時に豊原寺から移築した坊の名称を知りたい。
回答
(Answer)
1 詳しい図面は確認できない。
2 西ノ宮城。
回答プロセス
(Answering process)
1 調査報告書は下記の6冊。発掘調査場所の詳しい平面図はあるが、豊原寺全体のものなし。
・『豊原寺跡I華蔵院跡第1次発掘調査概報』丸岡町教育委員会、1980
 *p2写真1「豊原寺域航空写真」に華蔵院や旧講堂、豊原白山社などの名称が書き込まれている。
  p4に19世紀初頭成立の地誌から「豊原寺図」を転載、一部建物の名称が記載されている。
・『豊原寺跡II華蔵院跡第2次発掘調査概報』丸岡町教育委員会、1981
・『豊原寺跡III(伝)講堂跡 第1次発掘調査概報』丸岡町教育委員会、1982
・『豊原寺跡IV豊原第21字 下屋敷地係 第1次発掘調査概報』丸岡町教育委員会、1983
・『豊原寺跡V(推定)僧坊跡発掘調査概報』丸岡町教育委員会、1984
・『豊原寺跡VI山城山地係中世墓地跡発掘調査概報』丸岡町教育委員会、1985

2 『重要文化財丸岡城天守修理工事報告書』重要文化財丸岡城天守修理委員会、1955のp2「沿革概要」に「天正三年…織田信長が北陸地方の一向一揆の平定を期して、豊原寺(丸岡の東方約一里)を攻略したとき、柴田勝家の甥、伊賀守柴田勝豊をこの地に留めた。勝豊はまず西方院の跡に西ノ宮城を築き、天正四年これを移して丸岡に築城したものと伝えられる」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
北陸地方  (214)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
豊原寺
丸岡城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000212013解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!