このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212007
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20160723-1
事例作成日
(Creation date)
2016年07月23日登録日時
(Registration date)
2017年03月16日 09時51分更新日時
(Last update)
2017年03月22日 17時35分
質問
(Question)
現福井市にあった田谷寺について
1 田谷寺がなくなって、田ノ谷の地名が残ったのか。それとも地名から田谷寺となったのか。
2 「田ノ谷」のヨミ
3 田谷寺が信長軍に焼かれた理由
回答
(Answer)
1 『角川地名大辞典』によれば、寺があったことにより地名となった。
2 「たのたに」
3 信長軍が焼いたのではなく、一向一揆勢とある。
回答プロセス
(Answering process)
1 『角川地名大辞典18福井県』角川書店、1989のp739「田ノ谷」の項に「地名の由来は…竜王山田谷寺四八坊があったことによる」とあり、寺の名が先にあって地名になったと読める。なお「田谷寺」の確認される初出は元弘3年(1333)で、これに対し地名の初出は『福井県の地名』平凡社、1981のp327「田谷村」に「慶長一一年(一六〇六)頃の越前国絵図に村名がみえ」とある。2つの年号だけをみれば、寺の名が先にあり、地名が後から付けられたと考えることができるが、地名がたまたま書き残されなかっただけという可能性もある。

2 前掲『福井県の地名』によれば、地名のヨミは「たのたに」。

3 前掲『福井県の地名』p327-328「田谷寺跡」の項には「天正二年(一五七四)三月、一向一揆に攻められ、「田谷寺楽蔵坊・歓喜坊討死ス」と「朝倉始末記」にあり、この時、寺も焼亡したが、その後再興されたとみえ」とあり、焼亡は織田信長によるものではなく、一揆勢によるものとある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
北陸地方  (214 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
田谷寺
福井市田ノ谷
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000212007解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!