このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212005
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20160602d
事例作成日
(Creation date)
2016年06月02日登録日時
(Registration date)
2017年03月16日 09時41分更新日時
(Last update)
2017年03月16日 09時59分
質問
(Question)
昭和30年代頃まであった国鉄北陸本線の引き込み線が掲載されている当時の福井県内の地図がみたい。
回答
(Answer)
1.東洋紡績敦賀工場専用線:北陸本線敦賀駅分岐
2.敦賀セメント敦賀工場専用線:北陸本線貨物支線・敦賀港線敦賀港駅分岐
→1と2は2万5千分の1地形図「敦賀」(S48-S50)で確認(1は敦賀駅から南西の東洋紡績まで、2は敦賀港駅から北東トンネルをくぐって敦賀セメントの工場まで)
3.信越化学工業武生工場専用線:北陸本線武生駅分岐
→3は2万5千分の1地形図「武生」(S33-S37)で確認(武生駅から北、信越化学工場まで)
4.福井化学工業金津工場専用線(旧・京福電鉄永平寺線一部転用):北陸本線芦原温泉駅分岐
5.明星セメント金津包装所専用線:北陸本線芦原温泉駅分岐
→4と5は2万5千分の1地形図「三国」(S50-S52)で確認(4は芦原温泉駅から南東の工場付近まで。5は芦原温泉駅から北部の新富と書かれた上部あたりまで)
回答プロセス
(Answering process)
「引込線」を『日本国語大辞典』でひくと、下記のように載っている。
 鉄道の本線から工場や車庫などに引き込まれた線路。専用側線。ひきこみせんろ。ひっこみせん。
『福井県史 通史編』全文を「引込線」「引き込み線」「専用側線」などで検索するもヒットなし。

福井県立図書館の郷土資料H686(鉄道)の棚でめぼしい資料の目次を見るも、立項はなし。

ウィキペディアで「引き込み線」と検索すると以下のように載っていた(2016.6.2調)。
 本線から分岐して保線車両用を含む車両基地や工場などに引き込まれた専用の線路。後者は専用鉄道を参照。
つぎに同じくウィキペディアで「専用鉄道」を検索、廃線のなかに5線が掲載されていた。
これらを手掛かりに2万5千分の1地形図で確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
引き込み線
専用鉄道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000212005解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!