このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000191819
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20160315
事例作成日
(Creation date)
2016年03月15日登録日時
(Registration date)
2016年05月01日 17時02分更新日時
(Last update)
2016年05月01日 17時10分
質問
(Question)
花の落ちることを落花、葉の落ちることを落葉、雷の落ちることを落雷という。人が馬から落ちるのを何故落馬というか知りたい。
回答
(Answer)
質問内容について、明確に解説した資料は発見できず。ただし、漢字熟語の構成について記載した資料があったので、参考までに下記のとおり紹介する。なお、中国語辞典にも「落馬」は記載されており、意味は日本語の場合と同じく「落馬する」だった。『日本国語大辞典』などの記載用例より、「落馬」という熟語は、中国では少なくとも5世紀頃より使用されている模様。

『ザ・漢字力』(加納喜光/著 2003年 小学館)p188-189によると、漢字熟語は基本的に漢文の文法に従っており、その結合の法則には、次の5つがあると記載されている。(以下、同書より引用)
① 語・述語の関係で結合する。例・・・国立(国が立てる)
② 並列の関係で結合する。例・・・男女(男と女)
③ 修飾の関係で結合する。例・・・美人(美しい人)
④ 補足の関係で結合する。例・・・乗車(車に乗る)
⑤ 認定の関係で結合する。例・・・不安(安らかでない)

質問内容の場合、「落花」「落葉」「落雷」は、二字の関係が③修飾の関係で結合しているのに対し、「落馬」は、④の補足の関係で結合していると考える。
『何でもわかる漢字の知識百科』(阿辻哲次/編,一海知義/編,森博達/編 2002年 三省堂)p147に、③の修飾の結合法則の一例として「落花」が記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1. レファ協、Google →質問サイトに類似質問あり。ベストアンサー以外の「tokio_olympic_2020さん」の回答が当館の回答と近い。ただし出典資料の明示は無い。
  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11134822926
2.国語辞典や中国語辞典をブラウジングする。→「落馬」の意味の記載はあるが、質問事項についての回答の記載はなし。
3.「漢字」についての書架NDC811.2と821.2をブラウジングする。→質問事項についての回答の記載がある資料は発見できず。ただし、漢字熟語の法則について記載された資料はあり。
【プロセス2の参考資料】
『日本国語大辞典 13巻』(2002年 小学館)p767「落馬」項には理由の記載なし。一番古い用例として「宋書」の“託疾落馬”があげられている。「宋書」は5世紀頃成立。
『大漢和辞典 巻9』(1985年 大修館書店)p766「落馬」項には理由の記載なし。用例として上記「宋書」のほか、「南史」の“義宣大懼、落馬、仍便歩地”があげられている。
「南史」は7世紀成立。
『中国語大辞典 上』(1994年 角川書店)p2015「落马」項には、①落馬する②捕
えられる;隠語とあるだけで、質問に対する理由の記載はなし。
『中日辞典』(2003年 小学館)pp957「落马」項には、①落馬する②戦いや競技に敗れるとあるだけで、質問に対する理由の記載はなし。
【プロセス3の参考資料】
『日中韓同字異義小辞典』(2010年 勉誠出版)p210「落」項に、「落」が“東アジア漢字文化圏において、大小の異同がある。”とし、“東アジア世界において基本的に共通である”例として、「下降」を表わす「落馬」が取り上げられている。しかし、質問に対する理由の記載はなし。
『朝倉漢字講座 2漢字のはたらき』(2006年 朝倉書店、1014825440)p86に、“漢語を構成する言語単位の造語機能”として“二字漢語”の中でも“動詞的要素+名詞的要素”の一例として、“開封,離党,出火,落馬”があげられている。しかし、質問に対する理由の記載はなし。
『ザ・漢字力』(2003年 小学館)p188-189に、“漢字と漢字を結びつけると熟語ができます。結びつけるには法則があります。(中略)この法則は漢文の法則でもあります。漢字で組み立てた言葉(漢字熟語)は基本的には漢文の文法にしたがう”とあり。質問の「落馬」は取り上げられていないが、5つある法則の内の1つ“補足の関係で結合する。例:乗車(車に乗る)”は、“日本語の文法と違うため、間違えやすい”とある。
『何でもわかる漢字の知識百科』(2002年 三省堂)p146-148に、二字熟語の構造についての記載有り。「落花」「落涙」はあるが、「落馬」の記載はなし。
『漢語いろいろ』(2006年 岩波書店)p15-17に、二字熟語の構造についての記載有り。「落花」「落涙」はあるが、「落馬」の記載はなし。

以下、「落」項目はあるが、「落馬」の記載がない資料↓
『漢字語源語義辞典』『日本語源広辞典』『字通』『白川静著作集 別巻 説文新義1』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 8版)
音声.音韻.文字  (821 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000191819解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!