このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アドミュージアム東京ライブラリー (4210008)管理番号
(Control number)
2004-0005
事例作成日
(Creation date)
2004年01月28日登録日時
(Registration date)
2005年02月15日 16時05分更新日時
(Last update)
2012年08月29日 20時49分
質問
(Question)
1950年代にできた広告制作会社 アドセンター の所在地を知りたい。
事前調査
1.アド・センターは、1957(昭和32)年~1972(昭和47)年 に存在していた。
2.カメラマンの立木義浩が所属していた。
3.新宿から渋谷区南平台に移転したという話はきいた。
回答
(Answer)
アドセンターの概要を取り上げた書籍は、当館になかった。

web検索で、個人のHPで、アドセンター の概要を知る。
●「金子功のピンクハウス百科事典」わんだふるはうす編
http://www5a.biglobe.ne.jp/~wo-house/ad-center.htm  2007年08月09日確認)
→しかし、アドセンターの住所は不明。

未解決事例として公開したところ、コメント情報により、下記資料で確認ができた。

●請求記号:R125-NIH-1970
『日本アド・プロダクション年鑑 1970』 (中央図書→六耀社、発行、当館所蔵:1967~)
→p.162
「総合・デザイン・プロダクション リスト 東京地区
(株)アド・センター
①代表者:鳥居達也 ②所在地:東京都渋谷区南平台15」
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=AN10233250  (2007/08/09確認)

関連参考資料
●請求記号:321-MAG
『雑誌作りの決定的瞬間 堀内誠一の仕事』(堀内誠一 著、マガジンハウス、1998)
→アドセンターの設立に参加した、堀内誠一氏についての著書であるが、住所は記載されていなかった。

●請求記号:R140.5-NEN
『年鑑広告美術(ADC年鑑)』(美術出版社 発行、当館所蔵:1962~)
→1962年度~1973年度の巻末索引を見たが、住所等データは不明だった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
広告プロダクション
照会先
(Institution or person inquired for advice)
1.「金子功のピンクハウス百科事典」わんだふるはうす編( http://www5a.biglobe.ne.jp/~wo-house/ad-center.htm ) 2007年08月09日確認
寄与者
(Contributor)
近畿大学図書館
備考
(Notes)
このレファレンス事例は、2004年に登録した内容に追記・訂正を加え、2007年、2012年に更新しています。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000019675解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!