このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-277
事例作成日
(Creation date)
2013年02月15日登録日時
(Registration date)
2013年03月13日 09時34分更新日時
(Last update)
2013年06月13日 14時43分
質問
(Question)
横須賀製鉄所の建設当時、設計図のメートル法と日本伝統の寸・尺・間との関係はどのように克服されたか。
回答
(Answer)

メートルを尺や間に換算した。

関係の記述のあった、以下の資料を紹介した。

『日本科学技術史大系 17 建築技術』(日本科学史学会編 第一法規出版 1964)
 p44「構内の主要建築やドックの寸法・面積はメートルまたはメートル完数を尺・間に換算したものが用いられている。」とあり。
 p56 資料1-15C「ウェルニー住居建築仕様書」にメートルと尺・間が混在して記されている。
 図1-25「ウェルニー居館平面図」にメートルと尺・間が混在して記されている。 

『横須賀案内記 製鉄所からはじまった歩み』(久保木実著 横須賀市 2007)
 p55-56〈メートル法〉の項に、「実際の建設は、日本の職人たちが尺や間に換算して工事に当たったのです。」との記載あり。
 p57「慶応2年5月竣工の建物の内部図面」あり。尺とメートルが併用されている。

インターネット情報
《近代デジタルライブラリー》より
「新撰大匠雛形大全. 六」(石井卯三郎 泉幸次郎著 精華堂 明30.8)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/846276 国立国会図書館 2013/1/16最終確認)
 8ページに洋釘の尺貫法とインチの換算表あり。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
度量衡.計量法  (609 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本科学技術史大系 17 建築技術』(日本科学史学会編 第一法規出版 1964)
『横須賀案内記 製鉄所からはじまった歩み』(久保木実著 横須賀市 2007)
「新撰大匠雛形大全. 六」(石井卯三郎 泉幸次郎著 精華堂 明30.8)
キーワード
(Keywords)
メートル法
尺貫法
度量衡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000128802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!