このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
ポーラ化粧文化情報センター (4310007)管理番号
(Control number)
POLA-2016-001
事例作成日
(Creation date)
2007年03月26日登録日時
(Registration date)
2016年11月15日 14時45分更新日時
(Last update)
2016年11月15日 14時45分
質問
(Question)
昭和5~6年頃のメーク法を知りたい(映画製作の小道具の参考資料)
回答
(Answer)
ベースメーク料としてはすでに大正時代から発売されていた色白粉を使用。
ポイントメークのうち、リップメークは赤の他、オレンジ系やピンク系など数色あった押出式の棒口紅を使用。アイシャドー、マスカラなどのアイメークなどは「夜の化粧」とも言われ、一般女性が行うことは少なかった。
上記裏付けとなる参考資料として、該当時期付近の美容書を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
所内蔵書検索にて発行年1930・1931年くらいの美容書を検索して、紹介

■口の化粧法
なほ、口紅を忘れた化粧には魅力がありません。外出の折りも、チツク製のを持つて歩いて、食事の後などは必ず口のまわりに注意する事であります。
早見君子著『美容法と結髪 : 見違へる程美しくなる』東京:大興社、昭和2(1927)年、p195〈1964〉

■紅の選び方
口紅に使用することが出来る水紅、練紅、棒紅等にはあまり種類がありません。
君塚貞『美容 : 理論と実際』荏原町(東京府):実用婦人社、昭和4(1929)年、p123〈1769〉

■紅と眉ずみ
紅と眉ずみとかは、使ふにいたしましても極く一少部分でございます丈に、餘り注意をいたしませんが、
松井千枝子著『家庭美容美顔術』大阪:文花堂、昭和5(1930)年、p121〈1901〉

など
事前調査事項
(Preliminary research)
口紅については、板状のものと棒状のものがあったことをネットなどで確認済み。
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
油脂類  (576 9版)
理容.美容  (595 9版)
参考資料
(Reference materials)
早見君子著. 美容法と結髪 : 見違へる程美しくなる. 大興社, 1927. p.195 (〈1964〉)
君塚貞著. 美容 : 理論と実際. 荏原町(東京府), 1929. p.123 (〈1769〉)
松井千枝子著. 家庭美容美顔術. 文花堂, 1930年. p. 121 (〈1901〉)
キーワード
(Keywords)
化粧品--日本--歴史--昭和前期
美容術
化粧
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000199655解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!