このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131128-1
事例作成日
(Creation date)
2013年11月28日登録日時
(Registration date)
2013年11月28日 16時13分更新日時
(Last update)
2013年12月02日 14時21分
質問
(Question)
ナイジェリアからの手紙とは何のことか?
回答
(Answer)
 通称を 「419詐欺事件」 と呼ばれている国際詐欺事件、またその発端となる書面やスパムメールをさす。1980年代に発生し、2001年頃からネットで広がり世界中でこのメールや手紙を受け取った人が、詐欺被害や身代金誘拐に遭うなどの事件が多発するようになった。我が国においても外務省やジェトロなどが繰り返し注意喚起を行っている(資料1,2)。
 また2005年には「一連の大胆なショートストーリーを創案し、メールで幅広い読者に配布した」として、ナイジェリア詐欺の考案者が「イグ・ノーベル賞」文学賞を受賞している(資料5)。
http://www.improb.com/ig/ig-pastwinners.html#ig2005  last_access:2013-11-28)

・・・・・引用ここから
 「419詐欺事件」とは、架空の商談等を口実にして前渡し金や商品を詐取する国際詐欺事件の総称であり、ナイジェリアでは詐欺罪を規定する刑法419条に抵触する犯罪のため、このように呼ばれています。犯人側から被害者へのアプローチの方法は、従来の手紙やFAXによるものから、最近は電子メールの利用が主流となっています。これに加え、最近では、架空の商談等を口実に被害者を現地におびき寄せて誘拐・監禁し、身代金を要求する事例が増加傾向にあるとされています。
 なお、「419詐欺事件」に関する詳細は、2008年11月6日付け広域情報「国際的詐欺事件(通称419事件)に対する注意喚起」及び2006年5月29日掲載の「海外邦人事件簿Vol.47(おいしいメールと国際詐欺)」等を御参照ください。
・・・・・引用おわり
(出典 外務省 海外安全ホームページ「南アフリカ:外国人誘拐事件(419詐欺事件)の発生に伴う注意喚起」〔2012年01月11日〕より)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2012C006  last_access:2013-11-28)
回答プロセス
(Answering process)
◆ Googleなどの検索エンジンを使って、“ナイジェリア”&“手紙(メール)”で検索する。
 内容からは“419事件”や“ナイジェリアン・スキャム”というキーワードが見いだされる。
 → 続けて“419事件”で検索すると、資料1や2などのウェブページが見つかる。
 → 続けて“Nigerian scams”で検索すると、資料3などの海外のサイトが見つかる。
 → 資料4のサイトには、実際に届けられた文面の例が100以上も集められ展示されている。【追記】


◆ ことバンクから、【デジタル大辞泉】の解説
・・・・・引用ここから
○ 419事件 よんいちきゅう‐じけん
 国際的詐欺事件の通称。1980年代からナイジェリアを中心にアフリカ地域で多発し、現在では世界各地で発生している。ナイジェリアの刑法419条に抵触する詐欺犯罪であることから、この名で呼ばれる。ナイジェリアの政府高官や政府関連機関、中央銀行、国営石油公社、軍などの関係者などを装って、手紙や電子メールで取引を持ちかける手口が多い。マネーロンダリングや貿易取引、入札などを取引条件として持ち出し、取引の進行に伴って、手続き費用やライセンス料などさまざまな名目で前渡し金の送金や振り込みを要求する。商談のため現地に赴いた企業社員が誘拐され、身代金を要求されるケースもあり、被害は欧米諸国をはじめ世界各地に広がっている。
◆日本でも、現地へ出張した会社員が身代金誘拐の被害にあったり、ジェトロが運営する電子商取引サイトに偽の取引情報が掲載されるなど、被害が多発している。
・・・・・引用おわり

◆ 自館OPACを使って、Kw:“スパムメール”OR“迷惑メール”で検索する。
 ・野村総合研究所著.電子メール・クライシス:スパムメールとのあくなき闘い.野村総合研究所広報部,2006,197p.
 ・サエキ けんぞう著.スパムメール大賞:ネット限定恋愛革命.辰巳出版,2005,207p.
 ・岡嶋 裕史著.メールは誰が出す?.新潮社,2008,186p,(新潮新書:283).
 ……などが見つかるが、いずれも419詐欺事件についての記述は見当たらなかった。

◆ CiNii_Articlesを使って、Kw:“ナイジェリア”&“詐欺”で検索する。7件の記事が見つかる【追記】。
http://bit.ly/1gwOfby  last_access:2013-12-02) 中でも下記の記事などが参考になる。
 ・北方 雅人著.ナイジェリア詐欺 破綻の真相 タナカ工業「農業機械メーカー」:投資詐欺に引っかかり、突如破綻 長年にわたる兄弟の確執も遠因に.日経ベンチャー.2007,No.(270),p.120-123.
 ・内田 圭二著.詐欺大国ナイジェリア:セレクト情報ワールド.季刊現代警察.2007,Vol.33(4),p.74-77.
 ・兒玉 高太朗著.海外送金 被害総額10億ドル超! 世界情勢を知っている人ほど騙される「ナイジェリア詐欺」:SPECIAL REPORT 「国際詐欺団」からの怪しい招待状.サピオ.2006,Vol.18(17),p.76-78.


〔参考 Wikipedia : ナイジェリアの手紙〕
http://bit.ly/1a72L4e  last_access:2013-11-28)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 9版)
通信工学.電気通信  (547 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.外務省 海外安全ホームページ : 海外邦人事件簿 Vol.047 おいしいメールと国際詐欺
http://www.anzen.mofa.go.jp/jikenbo/jikenbo47.html  last_access:2013-11-28)
【資料2】.日本貿易振興機構(JETRO) 公式Website : FAQ > 国際的詐欺事件について(注意喚起)
http://www.jetro.go.jp/contact/faq/419/  last_access:2013-11-28)
【資料3】.オーストラリア公正取引委員会 Website : SCAM Watch > 'Nigerian 419' scams
http://www.scamwatch.gov.au/content/index.phtml/tag/Nigerian419Scams  last_access:2013-11-28)
【資料4】.Quatloos! Website : Exhibit: Nigerian 4-1-9 Scam > EXHIBIT: Nigerian 419 Letters
http://www.quatloos.com/cm-niger/nigerian_scam_letter_museum.htm  last_access:2013-11-29)
【資料5】.Improbable Research Website : Winners of the Ig® Nobel Prize
http://www.improbable.com/ig/winners/  last_access:2013-11-28)
キーワード
(Keywords)
ナイジェリアン・スキャム(Nigerian scams)
ナイジェリア詐欺(Nigerian fraud)
スパムメール(Spam mail)
国際詐欺事件
419詐欺事件
マネーロンダリング
ナイジェリアの手紙(Nigerian Letter)
迷惑メール
イグ・ノーベル賞
国際犯罪
インターネット犯罪
サイバー犯罪
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
埼玉県立久喜図書館
備考
(Notes)
○ インターネット上のウィルスや迷惑メールの歴史とその対応が載っている資料が見たい。(埼玉県立久喜図書館)
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096927
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000141295解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!