このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
嘉悦大学情報メディアセンター (3310036)管理番号
(Control number)
kaetsu-0011
事例作成日
(Creation date)
2008年07月08日登録日時
(Registration date)
2008年07月11日 14時09分更新日時
(Last update)
2013年05月31日 15時01分
質問
(Question)
Yahoo!JAPANなどの検索サイトの、国内での利用シェアを調べたい。
回答
(Answer)
(1) 『インターネット白書2007』p71の「資料2-2-2 最も利用している検索サービス(単一回答)」に利用シェアが掲載されている(データはインプレスR&Dによる)。
 ・Yahoo! JAPAN(53.9%)
 ・Google(32.7%)
 ・goo(5.5%)
 ・MSNサーチ(2.1%)
 ・infoseek(1.3%)

(2) 2007年8月17日の「日経産業新聞」2頁の「ポータル・検索サイト-グーグル、マイクロソフト抜き2位(点検シェア攻防・本社調査)」という記事のグラフ内に、2006年の主要ポータル・検索サイトのページビューシェアが掲載されている(閲覧数判定はネットレイティングス、サイト選定は日本経済新聞社による)。
 ・Yahoo! JAPAN (72.8%)
 ・Google(5.2%)
 ・MSNサーチ(4.8%)
 ・楽天(infoseek)(3.3%)
 ・nifty(3.0%)

(3) 2008年4月14日付のインターネット記事「【自主リサーチ調査結果】第7回『検索エンジンのニーズと利用』に関する調査(上)~明らかに異なるYahoo!とGoogleの『検索』ユーザー像とは?!~」(WebマーケティングガイドHP内、参照URL: http://www.e-research.biz/profile/prosem/003168.html )に、『普段、「最も」利用している検索サービス(単一回答)』の調査回答が掲載されている(調査は、Webマーケティングガイドとメディアインタラクティブによる)。
 ・Yahoo! JAPAN(59.2%)
 ・Google(31.4%)
 ・infoseek(2.6%)
 ・goo(2.2%)
 ・MSNサーチ(1.2%)
 調査期間:2008年4月9日~2008年4月10日
回答プロセス
(Answering process)
(1) 自館所蔵の参考図書に掲載されている情報を案内した。

(2) 新聞記事データベース【日経テレコン21】の記事検索で、「検索サイト 閲覧数」「Yahoo ページビュー」などといったキーワードで検索し、ヒットした該当記事を紹介した。

(3) 【Yahoo! JAPAN】や【Google】などの検索エンジンで「検索エンジン 利用率」などといったキーワードで検索し、ヒットした中で利用シェアが掲載されている一番新しい記事を紹介した。

調査実施機関や時期・対象者によって結果が異なるため、いくつかの調査結果を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通信工学.電気通信  (547 9版)
参考資料
(Reference materials)
インターネット白書2007 / 日本インターネット協会編
東京 : インプレスR&D , 2007
キーワード
(Keywords)
検索エンジン
検索サイト
サーチエンジン
インターネット
利用シェア
シェア
占有率
利用率
アクセス数
ページビュー
閲覧数
順位
Yahoo
ヤフー
Google
グーグル
嘉悦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
事例作成にあたり、2008年7月に再調査を行った。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000045728解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!